4日大河ドラマ「真田丸」第35話を視聴した。

今回は上杉攻めに徳川軍に従っていた真田軍は

背後から徳川を狙うタイミングを伺っていた。

その頃大坂では三成が挙兵し、家康追討令を発して事を起こすも、

その直前で細川忠興の妻玉が屋敷に火を放ち自害した事で形勢不利となる。

一方この知らせを受けた昌幸らはここでどちらに付くべきか議論をすることになった。

当初は三成側に付く事で一致するも信幸が

徳川側について昌幸、信繁は三成側に付く事を提案する。

この戦で勝った方が天下を獲る事を見越した信幸の発言に

昌幸、信繁は同意しこれが親子3人の最後の会話となったシーンがメインだった。
ストーリー

上杉攻めのための徳川軍に従っていた真田家に大坂で

三成や刑部が打倒家康のために挙兵したという報せがもたらされる。

どちらに味方すべきか、信繁、信幸、昌幸の三人は

下野国・犬伏の地で白熱した議論を戦わせる。

一方、きりは三成らの人質となっていた玉を救出に向かう。

そして、三人が下した結論とは?

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回はついに決断の時が来てしまった訳だけれど、

真田家は三成の挙兵により徳川に付くか三成に付くかという議論をする事になった。

もう少し遅ければ徳川、上杉との戦いとなっておりその隙を狙っていたが、

それができなくなった事でどう戦うべきなのか?という難しい局面になった。

信繁の言う通りこの戦いそれほど長くならないのは読み通りであったけれど、

どちらに付くべきかは難しい状況だった。

徳川には忠勝の娘稲がおり、三成には吉継の娘春がいる為に

どちらについても難しい局面になる。

そんな中で信幸はそれぞれの側についている妻を考慮して

2手に分かれる事を提案し、どちらが勝利しても生き残れる術を発言した。

それにより昌幸、信繁は三成側、信幸は徳川側となり、

これが最後の親子3人での会話となったのだった。

次回はいよいよ敵味方に別れて第2次上田合戦となる。

果たして第2次上田合戦でどんな戦いを見せるのか?

その戦いぶりに注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第弐集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-10-19



NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部惑
三浦文彰、辻井伸行、下野竜也指揮NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-02-24






真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20



NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部惑
三浦文彰、波多野睦美、下野竜也指揮 NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-07-20