10日大河ドラマ「真田丸」第27話を視聴した。

今回は秀吉に男子が誕生した事で関白となった秀次の精神状態が不安定になった。

秀次は秀吉が自らを排除しようとしていると感じ、不安に苛まれる。

一方信繁は秀吉から官位を授かり、当初は信繁だけだったが、

兄信幸の事を考慮し1度は辞退を申し出るが、

秀次の裁量で兄信幸も官位を受ける事になったが、これを知った信幸は激怒する。

そんな中秀次の弟が亡くなり、

これが秀吉との大きな溝となり秀次は高野山へ向かうシーンがメインだった。
ストーリー

秀吉と茶々に再び男子が誕生。信繁は、関白秀次のそばに付くように命じられる。

秀吉との溝が深まることを恐れる秀次は、

吉野の花見で能を披露し機嫌をとろうとする。

しかし、秀次の能をみた秀吉は…。

一方、秀吉は信繁に官位を授けると言いだす。

信繁は兄・信幸にも官位を願い出るが、

それを知った信幸は弟に情けをかけられたと激しく憤る。

そんな中、秀次が失踪する。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は秀吉に息子秀頼が誕生した事で秀次は

次第に自分が排除されるのではないかと不安に苛まれていく。

まあ普通に世継ぎと言っても20年先の話になるとはいえ

今の秀吉にはそんな余裕はどこにもなかった訳で

生きている間に多くの事を秀頼に譲ろうとしていた。

しかしこれにはあまりにも無理があったと言わざる得ない。

本来補佐として秀次が支えなければならない立場だったが、

残念ながら秀次にそのような器量はなかったと言わざる得ない。

そんな中で信繁は秀吉から官位をもらえる事になったが、

これを信幸を差し置いてという事を感じた信繁は一度断ろうとするが、

秀次の一言で信幸、信繁2人に官位が授けられることになったが、

これはこれで難しい問題ではある。

事を知った信幸は当然面白くないが貰えなかったとしても面白くない。

難しい問題である。

そんな秀次だったが、秀吉の介入でさらに不信に陥っていく事になり、

ついに秀次は関白の職の重圧に耐えられなくなったのだった。

次回はついに秀次は自害する。

これにより秀吉の跡継ぎは秀頼しかいなくなる。

これにより秀吉政権に大きな影を落とすが、

果たして秀吉の心中はいかに?

その心中に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

真田丸 完全版 第壱集 [Blu-ray]
堺雅人
ポニーキャニオン
2016-07-20






NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部惑
三浦文彰、辻井伸行、下野竜也指揮NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-02-24



NHK大河ドラマ 真田丸 オリジナル・サウンドトラック II 音楽:服部惑
三浦文彰、波多野睦美、下野竜也指揮 NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-07-20



ブラタモリ (2) 東京駅 富士山 真田丸スペシャル(上田・沼田)
NHK「ブラタモリ」制作班
KADOKAWA/角川書店
2016-07-29