1日大河ドラマ「真田丸」第17話を視聴した。

今回は秀吉が家康に真田討伐を認めた事で信繁は何として止めなければと奔走するも、

その直後1度出兵の許可は出すが、

その直後中止させると秀吉、三成が言い出して釈然としない。

そんな中行方不明になっていた松が秀吉の前で踊っているところを目撃し確認するが、

松は藤と名乗り全く知らないそぶりを見せる。

一方家康は秀吉から秀吉の母なかを人質に出してきた事で上洛する事を決断し、

そこで秀吉は家康に忠誠を誓った芝居をしてほしいと頼み込み、

大名たちを納得させたシーンがメインだった。
ストーリー

信繁は、秀吉が家康の真田攻めを許したと知り驚く。

必死で取り消すよう頼むが、秀吉は取り合わない。

昌幸は、家康以上に秀吉への警戒を強める。

一方、信繁は茶々に仕えることに。

無邪気な茶々は信繁を翻弄する。

やがて家康の上洛が決定するが、秀吉はある策を使うために信繁を利用しようとする。

さらに、信繁の前に現れたのは、意外な人物によく似た女性であった。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は信繁は秀吉が家康に真田攻めを命じた事を知り、

何としても止めなければと奔走するが、

秀吉と三成は信繁に一度出兵を認めておいて、

その直後に中止させるというものだった。

実際にそうなった訳だけれど、一度命じて、その後中止にされた家康は面白くない。

そんな中信繁は松に似た藤という踊り子を目撃し、きりと確認するが、

全く覚えていないという以上に別人と松は答えるのだった。

最も松は琵琶湖に落ちた時に記憶を失ったようなので無理もない話ですが、

その直後秀吉は自らの母を家康に人質として出し、

信繁は秀吉に家康の仲介役になってほしいと頼まれる。

いくら面識はあるとはいってもさすがに敵同士だった訳で

信繁にとって難しい役回りとなった。

当然いくら秀吉の下で使えているとはいえそう簡単に行く訳がなかったが、

秀吉の登場で状況は一変し、秀吉は家康に芝居ではあるが、

周りに家康が秀吉に忠誠を誓ったよう見せかけたのだった。

これにより秀吉は天下統一へ大きく進むのだった。

次回は昌幸も上洛するが、上洛が遅れた事で冷遇を受ける事になる。

果たして真田の扱いを秀吉はどうするつもりなのだろうか?

その処遇に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部惑
三浦文彰、辻井伸行、下野竜也指揮NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-02-24