10日大河ドラマ「真田丸」第14話を視聴した。

今回は昌幸は家康との第1次上田合戦を制していた中家康が秀吉に服従し、

景勝もまた秀吉に服従していた。

そんな中で昌幸は北条と対峙していることを理由に上洛の依頼を断る。

しかし景勝の上洛に信繁が同行する事となり、信繁が先に京へ上洛を果たす事になる。

ここで信繁は三成と初対面し、そして後に運命を賭ける茶々と出会い、

秀吉とも出会うシーンがメインだった。
ストーリー

物語の新たな舞台は大坂。天下をほぼ手中にした羽柴秀吉が、

全国の大名に服従を求めていた。

上杉景勝はこれに応じてやむなく上洛。

信繁も景勝に付き従う。徳川家康や北条氏政も強大な秀吉の前に決断を迫られる。

途方もないスケールを誇る大坂城に入った信繁は、茶々や石田三成らと出会い、

秀吉の天下取りを間近で目撃することになる。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は第1次上田合戦を制した昌幸だったが、

その翌年家康が秀吉に服従するという事態となり、

景勝もまた服従する事を決意する。

秀吉の勢力はこの時それだけ大きいものだった。

信長の時に痛い目にあった昌幸は上田の小国である事と

事を慎重に構える必要性があるために動かない事を決める。

まあ確かに昌幸が上洛すれば北条が攻めてきた時に

対応できないのは目に見えているからね。

それに上杉を守るためにも仕方ない決断だったと言える。

そんな中で信繁は景勝と同行して京へ向かう事になる。

その中で三成、茶々、そして秀吉と対面していく訳だけれど、

ここで信繁はその後の運命を大きく変える出会いをしていく事になるのだった。

次回は信繁は秀吉と対面する。

秀吉は気に入った武将を召し抱える人物であり、

信繁もまたその1人となる。

果たして信繁はどう決断する事になるのか?

秀吉との対面に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部惑
三浦文彰、辻井伸行、下野竜也指揮NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-02-24