3日大河ドラマ「真田丸」第13話を視聴した。

今回はいよいよ第一次上田合戦が始まった。

真田軍2000に対して徳川軍7000と数では圧倒的に不利な戦という事で

昌幸は最初から数多くの策を仕掛けるも、1つ駒が足りない。

しかし景勝の信繁に援軍に迎えと伝え、

わずか100あまりながら兵を与えてもらえたが全て海津城に止めた。

そして昌幸は予め立てた策によりいよいよ戦が始まり、

徳川軍を予め上田城内におびき寄せる作戦を取る。

そしてその策に徳川軍はハマり次々と深入りして行く中で

昌幸は一気に城から打って出た事で長く伸びた軍は総崩れとなり

徳川軍は1000以上の犠牲者を出して真田軍の大勝となった。

しかしこの戦で梅が犠牲となってしまったシーンがメインだった。
ストーリー

徳川家康の大軍が上田に押し寄せる。

越後から戻った信繁を加え、真田家は一丸となって昌幸の計略を実行、徳川軍を迎え撃つ。

梅の機転をきっかけに、信繁は真田家の家紋「六文銭」の描かれた旗を戦場に高々と掲げる。

数倍の数の敵を相手に、昌幸の策は次々と成功。

真田家は痛快な番狂わせを演じるが、最後にたった一つの誤算が生じる。

信繁が駆けつけた先で見たものとは…。

以上NHK大河ドラマ「真田丸」HPより


今回は第1次上田合戦を描いた回となったけれど、

この上田城があったからこそ真田は生き残れたと言っても

過言じゃないほど上田城の堅守の城である事も証明してみせるのだが、

野戦となれば完全に分が悪い訳で、

当然上田城を活かした戦い方をしなければならない。

その中で上田城がいかに迷路のような城なのかという事も

予め昌幸が築城する中で描いた城であった。

ここで決まったのは上田城を活かした戦をする事だった。

数では正面からぶつかれば完全に大敗であるから当然の戦い方である。

その中で信繁は相手を挑発する役回りで相手を上田城内部まで

おびき寄せる作戦の先鋒を務める事になった。

そして始まった合戦では見事に徳川軍は昌幸が描いた策に

ハマり次第に上田城内部になだれ込んでくる。

しかし内部に入れば入るほど軍の隊列は伸びてきた事により次第に分断されていく。

そして分断されたところで潜んでいた兵の反撃が始まった。

それにより徳川軍は次第に分断され本丸まで辿り着いた時には

かなりの数が分断された事で兵数で劣る

真田軍も互角以上の戦いを繰り広げられるまでになっていた。

そして昌幸が大手門から打って出た事で徳川軍は総崩れとなり

戸石城から打って出ていた信幸の軍勢に挟み撃ちにされ

徳川軍は1000人以上の犠牲者を出して敗退した。

しかしこの戦で信繁は梅を失う結果となってしまったのだった。

この戦で真田の名は天下に轟く事になった。

次回は徳川が秀吉の傘下に入り、

それにより昌幸も秀吉の傘下に入る事を決める。

果たして昌幸は秀吉の傘下に入ってどういう位置で生きて行くのか?

その展開に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

NHK大河ドラマ「真田丸」オリジナル・サウンドトラック 音楽:服部惑
三浦文彰、辻井伸行、下野竜也指揮NHK交響楽団、他
avex CLASSICS
2016-02-24