24日ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第3話を視聴した。

今回は殺害された被害者が全くの別人の可能性があると気付いた姫川たちは保険金を受取人などを改めて調べ始める。そんな中で過去の事故について実は殺人だったのではないかという事を洗い出していた中で姫川にはある推測が成り立とうとしていた。そして改めて遺体を調べ直すとあまりにも綺麗な遺体に違和感を感じた姫川はこの遺体は確実に別人であると確信する。

そしてこの遺体が別人である事が確定した姫川はもう一度捜査を振り返るとある人と出会っていた事に姫川は気づき、その場所へと向かったが既に犯人は死亡していた。そして被疑者死亡のままこの事件は終結したシーンがメインだった。

ストーリー

姫川玲子、菊田和男たちは、殺害された高岡賢一が、まったく別の人間である可能性が出てきたことを捜査本部で報告する。高岡の生命保険の受取人は、高岡が息子のようにかわいがっていた三島耕介の他に、内藤君江という女性がいることが判明した。

さらに捜査を進める中で、君江の弟、内藤和敏こそが殺害された高岡の本当の名前である可能性が浮上。和敏には意識不明で入院中の息子、雄太がいた。内藤和敏は12年前に自殺しており、過去になんらかの理由で内藤と高岡が戸籍ごと入れ替わったのではないか、と姫川は推測する。

橋爪俊介管理官は、姫川が点と点を勘でつなぎ合わせただけで裏付けがないと反論。「被害者が高岡だろうが内藤だろうが、殺したのは誰なんだよ!」といらだつ橋爪。難航する事件の真相―。犯人を追う姫川たちを、予想だにしない衝撃の結末が待ち受ける。

以上フジテレビストロベリーナイト・サーガHPより


今回はこの事件は別人が殺された事件ではないか?という事に気づいた姫川班がもう一度この事件を1から洗い直していた。殺されたのは高岡ではないという事でこの事件は更に過去に振り替える事になっていく訳だけれど、ドラマでは過去の出来事が描かれ続けていく訳だけれど、そこで判明していくのはそこで関わった人物がそれぞれ過去を引きづりながら生きてきたという事だ。

小さい時に父親を亡くした息子もまたその1人であり、その過去があったからこそ事件に巻き込まれたとも言えた。そしてもう1人の女性もまた性的虐待を受けており、その後遺症に苦しんでいた。

そんな中で再度遺体を調べ直すとあまりにも遺体が綺麗である事に違和感を覚えた姫川たちはこの遺体は誰のものなのか?という事を改めて調べ始めると姫川にある推測が浮かび上がる。そしてその推測の先には悲しい結末が待っている事に姫川は捜査の時に1度会っていた人物を思い出した。

そしてその犯人がいると思われる場所へ行くと既に犯人は死亡していたのだった。経緯としてその息子の事がバレた事により瀕死の重傷を負いながら殺害し自らの命と引換にバラバラ遺体として発見現場まで運んだという事だった。しかし既に致命的な重症を負いながら自らの左手首を切り落とした事により大量出血で力尽きていたのだった。

被疑者死亡のまま書類送検と言う形で事件は終結した。色々な事を守ろうとした先には悲しい出来事あったのだった。

次回は不審死を遂げている男の捜査に姫川班が挑む。果たしてこの事件の真相とは?その真相に注目だ。





Rain (初回限定盤1)
亀梨和也
ジェイ・ストーム
2019-05-15