18日ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」第2話を視聴した。

今回は河川敷で左手首だけが見つかるバラバラ殺人事件が発生した。姫川班はこの事件を担当する事となり菊田たちと共に捜査を開始するが、事件の概要はかなり複雑なものである事がわかってくる。

そんな中で姫川はこの事件は色々な思惑が絡んでいると感じて捜査を続けるもそこに勝俣も乱入してくる事でこの事件の難しさを感じた姫川はさらに聞き込みを続けてこの事件がある人物とすり替わっていた事を知るシーンがメインだった。

ストーリー

ここのところ事件もなく平和な日々の捜査一課。しかし、姫川玲子はそれが不満なのかイライラと動き回り、仕事を求めていた。菊田和男や湯田康平は不謹慎だと諌めるが、玲子は彼らの言葉が耳に入らない様子で、石倉保に今朝発生した事案を尋ねる。玲子はこれが大きな事件に発展すると読んでいた。そんな時、橋爪俊介管理官と今泉春男係長が特別捜査本部を立てると来た。玲子の勘は的中した。

捜査本部が立てられたのは蒲田西署。亀有北署から異動になったと井岡博満もいた。井岡は蒲田西署の葉山則之を玲子たちに紹介する。会議が始まると今泉が今朝の事案を説明。多摩川土手の路上に放置されたスクーターの荷台から、成人男性の左手首が発見される。三島耕介の証言と指紋から、手首は高岡賢一のものと判明。高岡は工務店を経営していて、耕介は従業員。耕介が出勤すると工務店のガレージの床が血の海になっていたため、高岡を探していたのだ。

早速、玲子が体などは川に遺棄されたのだろうと発言しだすと遮るものが現れる。日下守だ。予断は捜査の妨げになると言う日下に玲子は反論しようとするが、橋爪に止められる。
なぜ高岡は殺されたのか。そして、なぜ手首だけが残されていたのか?死体なき殺人事件の真相を追う姫川たちの前に、次々と驚がくの真実が浮かび上がっていく……。

以上フジテレビストロベリーナイト・サーガHPより


今回はしばらく平穏な日々を送り退屈していた姫川に事件が舞い込んだ。その事件は河川敷で発見されたバラバラ遺体の殺人事件でこの事件の第1発見者がかつて殺された被害者と繋がりがある事がわかるが、その過去を姫川班らは調べていく。

調べれば調べるほどこの事件はの複雑さが判明していくのだが、第1発見者が9年前に父親が事故で無くなっている事が判明する。第1発見者には恋人がおり、恋人とはある関係があるようだ。そして姫川はその恋人からも事情聴取をするとその恋人もまた2か月前に父親を亡くしている事がわかり、時期は違うも同じ境遇である事が判明する。

そして殺された被害者の事を調べると思わぬ事が判明していくのだが、この事件に勝俣が乱入した事でこの事件がより複雑な事件である事を姫川が知る事になる。そして聞き込みの中で姫川はある矛盾点を知ってこの事件はより闇の深い事件である事が明らかになるのだった。

次回はこの事件の真相が明らかとなる。果たして事件の真相はいかに?平成最後の姫川事件に注目だ。





Rain (初回限定盤1)
亀梨和也
ジェイ・ストーム
2019-05-15






ストロベリーナイト シーズン1 Blu-ray BOX
竹内結子
ポニーキャニオン
2012-06-29