3日第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)復路が行われ、駒澤大学が残り2kmで首位を走っていた創価大学を抜いてで13年ぶり7回目の総合優勝を飾った。

レースは2分14秒差でスタートした創価大学は復路は9区で3分以上の差を付けて逃げ切りを図ったが、2位を走っていた駒澤大学が猛烈な追い上げを見せて残り2kmで創価大学を逆転して最終10区での逆転劇で13年ぶりの総合優勝を果たした。

その他往路で12位と出遅れた青山学院大学が復路で8つ順位を上げて復路優勝を果たし、シード争いは東京国際大学が明治大学の追い上げを振り切ってギリギリ10位でシード権を獲得した。

これで箱根駅伝は延期となった東京五輪の年に劇的な逆転劇の大会として幕を閉じた。
10区でも残り2kmでの逆転劇はそうそう見ない展開だけれど、それだけ往路での混戦が全てだったと言える。21校中13番目の総合タイムの創価大学がここまで首位を持ちこたえたのが意外なほどだった。

9区時点で3分以上のタイム差があっただけにこれを縮める事の方が難しかったが最後の最後で駒澤大学の底力を残していた事により最後の2kmでの逆転劇に繋がったと言える。

それでも出場わずか4回の創価大学がここまで首位をキープした事は本当に大健闘だったと言える。

この大会は混戦模様の大会となり、6位から9位まではほぼ差がなくゴールインしており、10位と11位の差も大きくなかった。

それだけ来年も戦国駅伝の様相を示された訳だけれど、この大会で残念だったのは新型コロナウイルス感染症によりあれほど観戦の自粛を呼び掛けていたにもかかわらず18万人の人たちが日本語を理解せず観戦したという事実だ。

これでは申し訳ないが緊急事態宣言を出すしかない十分な口実になってしまったと言わざる得ない。プロ野球、Jリーグが観戦ガイドラインを守っていた事を踏まえれば観戦ガイドラインがない状況ではやはり観戦はしないでほしかった。

これで今年もスタートしていく訳だけれど、今年は延期となった東京五輪が開催されるだけにできる事を示す1年になる。