6日ドラマ「下町ロケット」第8話を視聴した。

今回は挫折しかけたガウディ計画にやる気を漲らせた佃製作所の社員たちだったが

今度は帝国重工からコンペを1週間早めてほしいと言われ苦戦を強いられる。

しかし持ち前の乗り越えようとする一致団結の気持ちで

佃製作所製作のバルブシステムは好成績を収める。

一方サヤマもまた試験には成功するが佃製作所に及ばなかった。

それでも財前に新開発中のシュレッダーで起死回生の案を持ちかけたが

仕組まれた会議では財前の太刀打ちできずサヤマのバルブシステムが採用された。

それにより帝国重工との取引が終わったが、ガウディ計画は諦めていなかった。

そんな中サヤマ製コアハートを埋め込んだ

患者が死亡する医療事故が発生したシーンがメインだった。
ストーリー

一度は挫折しかけた人工弁の開発に、

気持ちも新たに取り組む決意を固めた立花と加納、鈴木ら。

そんなある日、桜田から資金繰りが行き詰まったことを聞かされた佃は、

ガウディ開発チームほか、山崎を集めてミーティングを行う。

自社の開発資金が持ち出しの状態ではリスクが大きいと殿村は心配するが、

佃は開発を進めるようガウディチームに伝えた。

一方、帝国重工のコンペまであと三週間と迫っていた。

ロケットエンジンのバルブ供給は佃製作所にとってビジネスの本丸であり、

絶対に奪われてはならない。

打倒、サヤマ製作所に燃える佃製作所の面々だったが、

突然、帝国重工の富山から、燃焼試験の日取りを一週間早めてほしいと佃に連絡が入る。

猛然と抗議する佃だったが日程を戻すことはできず、

埜村らバルブ開発チームは、短縮されたスケジュールでコンペに臨むことに…。

そんな折、ある開発がようやく形になり、

その試作品を披露するため佃は財前を会社に招く。

以上TBS下町ロケットHPより


今回はガウディ計画を継続する事を決意した航平だったが、

如何せん資金力ある後ろ盾がない事で不利な状況に立たされていた。

医療業界の癒着が明るみになってきた訳だけれど、

それを跳ね返すには資金力ある企業のバックアップが必要という事で

航平は財前部長を呼び寄せてバルブシステムだけでなく

新開発中であるシュレッダーシステムも

共同開発する事で資金援助をできないか?と持ち掛けた。

財前部長はこのシステムに可能性を感じて最善の努力を尽くしたが、

仕組まれた会議の中では無力だった。

最も財前部長は現状帝国重工の中では孤立状況であり

相当な条件がない限り説得できなかったのも事実だ。

結局会議でサヤマ製のバルブシステムを採用する事となり

佃製作所のバルブは引き上げる事になった。

これによりガウディ計画も頓挫しかかったが

佃製作所の社員は諦めていなかった。

それが一村らを再び動かす事になった。

しかしその頃に中里が持ち出した山崎考案の弁が使われ、

それが医療ミスを起こすという事態に発展していたのだった。

次回は患者の死亡によりサヤマ製作所に不利な状況が生まれ

佃製作所にチャンスが到来する。

果たしてここから航平たちはどう反撃するのか?

その反撃に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。