15日ドラマ「下町ロケット」第5話を視聴した。

今回は佃製作所のバルブシステムをテストした帝国重工だったが、

テスト段階で異常が見つかりそれがバルブシステムが

原因ではないかと疑いが掛けられる。

3日しか与えられなかった航平たちは何とかして原因追及するために

原因特定に挑むも原因がつかめず3日目を迎えた中で航平はある異常を発見し、

その以上は帝国重工が準備したフィルターに原因があった。

佃製作所のフィルターでは異常がなかった事から

その原因が帝国重工の中小企業を見下した考えが原因でもあった。

原因が特定できたことで試験は見事にパスする事となり、

あとは社長を財前がどう説得するかに掛かっていた。

そして財前はこれまでの経緯を説明し、

全て自社で作り上げるという拘りを捨てなければ

このスターダスト計画は成功しないと強く訴えて社長は財前の技術者として、

そしてかつて技術者だった頃の熱意を思い出し財前の説得を了承した。

そして打ち上げ当日国産ロケットは航平たちの夢を乗せて

見事に打ち上げ成功したシーンがメインだった。
ストーリー

真野の裏切りがありながらも、財前のはからいにより、

無事、製品テストに合格した佃製作所。

部品供給のための最終テストは、いよいよ燃焼試験を残すのみとなった。

そして迎えた試験当日。

山崎や財前らとテストの行方を見守っていた佃だったが、

そのときバルブが異常数値を示し、実験は失敗。

富山からバルブに問題があると指摘された佃は、泊まりこみで原因究明にあたる。

果たして、原因はバルブにあるのか!?

一方、沙耶から正直な気持ちを打ち明けるよう促された利菜は、

今まで一人で抱えていた悩みや葛藤を佃に告白する…。

以上TBS下町ロケットHPより


今回はバルブシステムを採用する事が決まり、

全ての部品を組み立てた段階でロケット試験を迎えたが、

ここでバルブシステムに異常が発生して緊急停止して

その原因がバルブシステムにあるという事を帝国重工に追及され、

航平たちはその原因究明のために3日間全力を尽くすのだった。

ここで注目すべきは原因をバルブシステムと決めつけている

帝国重工の大企業的な中小企業より優れているという思い込みだ。

これが真の原因追及を妨げてしまったのではないかと感じてしまうのだが、

航平は原因追及のために全ての部品を調べる。

しかし原因が見つからずに迎えた3日目にその原因の痕跡となった傷が見つかり、

その傷の原因が帝国重工製のフィルターにあった事を突き止めた。

そのフィルターは当初佃製作所のフィルターを使用する予定だったが、

中小企業のフィルターより帝国重工のフィルターが優れている

という大企業の技術者の思い込みがこの失態を招いた。

元々佃製作所のバルブシステムを不採用にしようとした者たちだったので

すべての責任を佃製作所に擦り付けるつもりだったが、

自分たちの非を財前部長に追及されるまで認めなかったのは

中小企業の技術力を舐めていたからに他ならない。

これで原因がはっきりした事で次の試験は見事に成功し、

あとは社長をどう説得するかにかかっていた。

そして財前は社長説得のために社長が技術者時代だった頃に

航平が担当していた事を伝え、

そしてその経験があったからこそこのバルブシステムを作り上げる事ができたと力説し、

これに社長は佃製作所のバルブシステムを採用する事を決意するに至ったのだった。

そしてロケット打ち上げ当日ロケットは見事に打ち上げ成功し、

航平の夢は叶ったのだった。

これでロケット編は終わる訳だけれど、

これだけでも長編として十分な感動作だが、次に待っているのは医療業界だった。

次回は医療業界からガウディという計画を持ち込まれる。

航平は果たしてこの計画をどう受け止め計画に動いていくのか?

その計画に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。