9日ドラマ「下町ロケット」第9話を視聴した。

今回はアグリジャパンで大失態を演じてしまった帝国重工のアルファ1は世間からの信頼を失い事態となった。これに藤間社長が当初の計画から大幅に書き換えられた事を知っており的場専務は窮地に追い込まれる。

アルファ1の原因を検討していた中で野木先生の自動走行制御システムに問題があると結論付けられた事で航平に相談してきたが、そこで財前部長から佃製作所製の実験トラクターで検証する事になった。

検証結果は悪コンディションにも関わらず問題なくクリアした事でアルファ1に原因があるという事を認めない的場専務らに藤間社長が登場して検証を認めさせるが、そこで帝国重工製のバルブに問題がある事が明らかとなり検証の結果バルブに問題があった。

そしてロケットのバルブ実験で争う事になった航平と利菜は最終結果で航平の佃製作所の品質が勝り利菜は航平に勝てなかった。しかしその事が航平の後継者問題に直面する事となり、利菜も改めて考え始める。

そんな中で財前部長から改めて無人トラクターのトランスミッションの提供の依頼を受けて航平は改めて考え始めるシーンがメインだった。

ストーリー

農業機械の展示会『アグリジャパン』という公の場で、醜態を晒してしまった帝国重工の無人農業ロボット「アルファ1」。信用回復のため原因究明に奔走する的場や奥沢たちは、最初から自分たちの落ち度の可能性は認めず、野木の自動走行制御システムに問題があったと結論づける。しかも、その原因を究明するにあたり、開発コードをよこせと無理難題をふっかけてきて……。

そんな時、親友である野木から窮地の知らせを聞いた佃は怒りに震え、財前にある提案をする。

以上TBS下町ロケットHPより


今回は帝国重工のアルファ1が醜態を晒してしまった事で帝国重工の信頼は失墜した。これによってアルファ1の原因は何処にあったのか?という検証をするはずだったが的場専務や奥沢たちは最初から野木の自動走行制御システムに問題があったと結論づける。

これに野木先生は航平に相談するがやはりトランスミッション関連に問題があると見抜き、自ら提供している実験用無人トラクターで検証する事になった。実験用ではあったが航平たちのトラクターは見事にクリアした事で自動走行制御システムに問題はなかった事が証明された。

そんな状況でも的場専務、奥沢たちは原因は帝国重工にないと一点張りをしている最中に藤間社長が現れて、藤間社長はそれなら佃製作所に原因を調べてもらっても構わないと言った事で奥沢が不具合あると認めた事で事態は大きく変わる事になった。

そして調べた結果帝国重工が製作したバルブシステムに決定的な欠陥があった事が判明し、改めて原因が確定した。その中で自社製を目指す帝国重工のロケットエンジンのバルブシステムで競う事になった航平と利菜はそれぞれ全力を尽くすが、最終的には航平たちのバルブシステムがドンでもない数値で採用が決まった。

しかしこれによって利菜が航平の後継者と見られている事を知った事で利菜も佃製作所を継ぐのか考え始めるキッカケになった。そして帝国重工から改めて無人トラクターのトランスミッション提供をお願いされる事となり航平は難しい選択を迫られる事になった。

次回は佃製作所に律が新たに加わる事となる。それによってトランスミッションの完成させる事ができるのだろうか?佃品質の執念に注目だ。





下町ロケット ヤタガラス
池井戸 潤
小学館
2018-09-28



下町ロケット ゴースト
池井戸 潤
小学館
2018-07-20



下町ロケット -ディレクターズカット版- DVD-BOX
阿部寛
TCエンタテインメント
2016-03-23