2日ドラマ「下町ロケット」第8話を視聴した。

今回はダイダロスが帝国重工に宣戦布告をした事で無人農業用ロボットの開発で競う事になった。

一方で航平たちは佃製作所には入り込む余地を探していたがなかなか切り札が見つからない。そんな中で週刊誌に的場専務の実態が暴露される事になり窮地に追い込まれる。

そんな中岡山でアグリジャパンの大規模な農業イベントが開催されて航平たちもこのイベントに帝国重工対ダイダロスの精度を競う事になり観覧したが、ダイダロス製の無人トラクターは成功し、帝国重工製は大型過ぎて全く日本の農業に合わない無人トラクターであったが、そのトラクターは暴走して帝国重工の信頼は崩壊したシーンがメインだった。


ストーリー

満を持して、記者会見の場で無人農業ロボットの開発を発表した帝国重工の次期社長候補・的場。しかし翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田や伊丹らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」だった。さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場に関連する記事が。それは、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという、的場の暴露記事だった。怒りに震え、後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせる。
 一方、佃ら佃製作所のメンバーも、敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せなかった。そんな時、野木から大規模な農業イベントである「アグリジャパン」の開催を聞いた佃は、殿村を誘い会場へ足を運ぶ。

以上TBS下町ロケットHPより


今回はダイダロスのメディア戦略の前に先手を打たれた帝国重工の的場専務は焦りを感じていた。そんな中でさらに追い打ちをかけるように的場専務のかつての下請け切りが暴露された事により帝国重工は逆風に晒される。

一方で航平たちは自前でトランスミッションを開発しようと野木に実験用無人トラクター開発に協力して活路を見出そうとしていたが現時点で開発段階でダイダロスやギアゴーストに太刀打ちできない状況だった。

それでも開発は続行する事にしていたが、そんな中でアグリジャパンのイベントが開催される事になり、そこで帝国重工、ダイダロスの農業無人トラクターが披露される事になった。

ダイダロス製の無人トラクターは中小型化の無人トラクターで日本では小回りの利くトラクターであった事もありマッチしたが、帝国重工製は狭い日本には不向きな大型トラクターでその精度の差が歴然であり、その歴然の差だけでなく帝国重工製の欠陥を露呈する結果となった。

次回は窮地に追い詰められた帝国重工製の無人トラクターの信頼を取り戻す為に航平たちにある依頼をされる。果たして航平たちはこのチャンスを活かせるのか?その展開から目が離せない。





下町ロケット ヤタガラス
池井戸 潤
小学館
2018-09-28



下町ロケット ゴースト
池井戸 潤
小学館
2018-07-20