10月14日スタートのドラマ「下町ロケット」を視聴した。

このドラマは2015年10月期に放送された下町ロケットの続編となり、舞台は宇宙から大地へと移り、農業の農機に活路を見出そうとする佃製作所の奮闘が描かれていくストーリーである。

あれから3年で帝国重工の業績が悪化して佃製作所は新たなる窮地に立たされることになった。

あれから3年という月日は色々な情勢を変えるけれど、当然ロケット事業も無縁ではなかった。当時の大企業は売却が続き、このドラマ枠のスポンサーから降りる事になった訳だし、世の中僅かの期間で変わってしまう事は珍しい事でない事を思い知らされた。そんな佃製作所が新たなる生き残りの場に選んだのが農業だった。

農業で生き残れるのか?というのは色々難しい側面はあるとはいえ農業も機械なしではもはや成り立たないのも事実であり、これから人手不足の中では農業の衰退を防ぐにも農業機械の必要性は欠かせない。

そんな新たなるフィールドへ向かう佃製作所の困難な道はいかに?

キャスト

佃 航平演じる阿部 寛

佃 利菜演じる土屋太鳳

立花洋介演じる竹内涼真

山崎光彦演じる安田 顕

軽部真樹男演じる徳重 聡

江原春樹演じる和田聰宏

迫田 滋演じる今野浩喜

津野 薫演じる中本 賢

唐木田 篤演じる谷田 歩

蔵田慎二演じる坪倉由幸

柏田宏樹演じる馬場 徹

加納アキ演じる朝倉あき

殿村恭子演じる立石涼子

蒔田まきた演じる山本圭祐

本田郁馬演じる山田悠介

佐伯文也演じる松川尚瑠輝

上島友之演じる 菅谷哲也

坂本菜々緒演じる菅野莉央

斉藤あゆみ演じる原アンナ

仁科美咲演じるぼくもとさきこ

島津 裕演じるイモトアヤコ

和泉沙耶演じる真矢ミキ

辰野演じる六角精児

神田川敦演じる内場勝則

稲本 彰演じる岡田浩暉

一村隼人演じる今田耕司

神谷修一演じる恵 俊彰

中川京一演じる池畑慎之介

重田登志行演じる古舘伊知郎

水原重治演じる木下ほうか

殿村咲子演じる工藤夕貴

殿村正弘演じる山本 學

末長孝明演じる中村梅雀

佃 和枝演じる倍賞美津子

伊丹 大演じる尾上菊之助

殿村直弘演じる立川談春

的場俊一演じる神田正輝

財前道生演じる吉川晃司

藤間秀樹演じる杉 良太郎

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている 佃航平。一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。

 ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の 財前から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。

 そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。

 そんな中、佃製作所の経理部長・殿村の父親が倒れる。殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と 山崎。トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

以上TBS下町ロケットHPより


今回はスターダスト計画が成功し、この3年業績が好調だった佃製作所だったが、帝国重工の事業の失敗によりロケット開発計画が次回で終了する可能性を知らされた航平は新たなる挑戦を模索していた。

そんな中で経理部長の殿村の父親が倒れた事で殿村は実家に戻り畑仕事を手伝う事になった。しかし慣れない畑仕事で殿村も疲れ切っている中で航平は小型エンジンを制作している機械に問題点がある事を気づき、今度は農業だと舵を切る事を決める。

しかしこれまで佃製作所は農業機械の製作を行った事がなく、ロケットとは全く違うものである事を痛感させられていた。それでも製作を決意した航平はトラクターのバルブシステムがいかに大変なものなのか?という事を痛感させられる。ロケットエンジンよりも精密である必要もあり、製作に困難を極める事になる。

一方でベンチャー企業と交渉した航平はそこで新たなるコンペに参加する事を決意し、ライバル会社大森バルブとのコンペに挑む事にした。しかしバルブシステムはコストの問題もありなかなか思うようなものができない。そんな中で担当した立花洋介と加納アキはガウディを制作した時の事を思い出して、ガウディの今を見つめてくる事になった。

そしてそこからヒントを得た2人はこれまでの常識を捨てて、本来必要な性能を作る事に重点を置き、スペックではわからない性能を提示した。当初はライバル会社の大森バルブの資金力と圧力に敗北寸前だったが、担当者である副社長が見た事で状況は逆転し、このコンペは佃製作所の勝利で終わった。

しかしこれは困難の始まりに過ぎなかったのであった。次回はコンペに敗北した大森バルブはコンペを行ったギアゴーストに特許侵害で訴えられる。果たしてこの特許侵害に勝ち目はあるのだろうか?その攻防に注目だ。





下町ロケット ゴースト
池井戸 潤
小学館
2018-07-20



下町ロケット ヤタガラス
池井戸 潤
小学館
2018-09-28