9日ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」第5話を視聴した。

今回は偽ミスパンダと偽飼育員が爆弾犯の死刑囚を護送中に誘拐したが、既にミスパンダチャンネルは偽ミスパンダに乗っ取られていた。

しかしその事態に直輝の正体を知った神代は直輝に取引を図る。その取引とは直輝はコアラ男を探ってほしいという事が条件だった。そして直輝はこの事件の最中に門田からレンがリンである事を教えられた事によりレンをどうやって向き合うのか考えるようになる。

そんな中で直輝はミスパンダと偽飼育員と偽ミスパンダを暴きに向かうが、そこには偽者だけでなく、警察も待ち構えており直輝とミスパンダは命からがら逃亡し、ミスパンダが指名手配されるシーンがメインだった。
ストーリー




今回は偽の飼育員とミスパンダが死刑囚の護送中に誘拐するという事件を起こした。世間はミスパンダが事件を起こしたと錯覚したがミスパンダチャンネルが乗っ取られていた。

そんな中で神代が直輝がミスパンダを操る飼育員である事を突き止めて直輝に迫ると直輝はその代わりにコアラ男の情報を手に入れてほしいという条件を突き付けた。直輝にとってコアラ男は誰なのか?という事を追い続けていたからでもある。

そんな中でレンは自身がリンである事を自覚し始めた事により自身は門田先生からの診察を受ける事を拒否し始め直輝に想いを寄せるようになる。しかしそれがレンにとって良い事なのかは定かではなかった。

そんな状況で警察も動き始めて警察最凶のコンビがミスパンダを捕まえるために動き出していた。そんな状況でも直輝はミスパンダと共に偽ミスパンダを暴きに向かうが、これが大きな罠だという事に気づき直輝とミスパンダは警察の包囲網を何とか抜け出して逃げたがミスパンダは全国に指名手配される事態となった。

次回は偽飼育員とミスパンダにまんまと嵌められた直輝とレンはこの窮地をどうやって乗り越えるのだろうか?その先のシロクロに注目だ。