15日ドラマ「知らなくていいコト」第2話を視聴した。

今回はケイトが殺人者の娘となのかという事で疑心暗鬼になっていたが、野中に婚約破棄をされてショックを受けていた。そんな中でも取材をするケイトはDNA婚活を取材するが、DNA婚活の実態を調べるとどういう訳か1人だけ成立しない男性がおりその男性を追う事にした。

そんな中でケイトは尾高から杏南からケイトの父親について聞かされていた事を語り初め杏南は亡くなる前にケイトの父親は乃十阿徹である事尾高に伝えていた。その事を知りショックを受けるケイトだったが、DNA婚活の取材を進めるうちに成立しない男性が婚活会場のスタッフと交際している事を突き止めた。

その2人はDNAの相性が最悪な結果となっており、それで躊躇していたが、ケイトがそんなのは関係ないと自身の状況を重ね合わせて2人にDNAは関係ないと推し進めて取材ではDNAは関係ないという記事を掲載するのだった。

そしてケイトは改めて自身の父親乃十阿徹と向き合っていく事になるシーンがメインだった。

ストーリー




今回はケイトは自身が殺人者の娘であるという事を知った事で野中に婚約破棄をされてショックを受けて改めて乃十阿徹について調べ始める。そんな中でDNA婚活について取材するケイトはその実態を調べるべくDNA婚活会場に潜入する。その会場ではDNA鑑定に基づいて数値によって決められるいわゆるデスティニープランと言える婚活だった。

デスティニープランというのは機動戦士ガンダムSEEDで登場したDNAで全ての運命を決めるプランでDNAでより最適な相手を決めるというものと解釈すればよいのだが、人はDNAで決まるほど人生は簡単ではない事は言うまでもない訳でDNAで全てが決まれば最初なら色々な自由は無くなってしまう訳でそんな決め方が良いのか?というのはある。

しかしケイトの今の状況ではそんな鑑定何の役にも立たないと知る。その中で1人だけ成立しない男性がおり、その男性を取材する事でこの婚活の実態を知ろうと取材を進める。その中で元カレの尾高から母親の杏南からケイトの父親について聞かされていた事をケイトに伝える。そして杏南は亡くなる前にケイトの父親は乃十阿徹である事を尾高に伝えていた事を知ったケイトはどうして自分には伝えず尾高には伝えていたのかショックを受けたが、尾高に教えた理由は杏南はケイトを任せられるのは尾高だと杏南は見抜いていたからという事を知りケイトは後で納得するのだった。

そんな中で進めたDNA婚活取材で男性が会場の女性スタッフと交際している事を突き止めてどういう事が取材するとDNA鑑定では2人の相性は最悪の数値を示していた事が判明した。それで2人はその数値の悪さから結婚を躊躇していたが、ケイトがそんな数値は関係ないと自身の状況から2人に結婚を進める。そして取材結果ではDNAは関係ないという記事を掲載し大きな反響を得る事になるのだった。

そんなケイトは改めて自身の父親乃十阿徹について調べ始めていくのだった。

次回はついに乃十阿徹と対面するケイトだったが果たしてその中で何を知る事になるのだろうか?その対面に注目だ。