26日ドラマ「真犯人フラグ」特別編を視聴した。

今回はこれまでの事件の経緯を振り返る上で一般人であるあなたの番ですのマンションの住人が至上の時に集まってこれまでの視聴者側から見た視点と事件を追っている瑞穂と一星の視点からこれまでの事件を振り返ったシーンがメインだった。
ストーリー




今回はこれまでの事件の経緯を振り返った訳だけれど、凌介を犯人に仕立てたいという者がいるという事だけは確かなのだが、現時点で真帆、光莉、篤斗を誘拐監禁してこれまでのやった事を証明するという事そのものがまず不可能状態だからこれだけの事をやる為には少なくても1人ならこの行動に対して動機などがないと無差別誘拐事件にするにはあまりにも無理がある。

その上でこれまで10話までで凌介及び瑞穂、一星と電話を除いて直接コンタクトのない人物を踏まえるとまずは本木陽香だが、これまでの10のストーリーの中で最も凌介、瑞穂、一星、河村らに対して接点がなく初回に凌介に人間違いしてきた以外は全く接点がなく意図的に写真を撮らせたと思われるシーンを除けば全く接点すらわからない。

ただここで描かれてきた中ではどうやら10話で登場した強羅誠と関係があるようで、私が感じるには等々力建設の雇った探偵という感じだ。そうでなければ密かに林と茉莉奈の様子を見る理由もない。この人物が事件に絡んでくるとしたらその動機は何なのか?そして真帆らを誘拐した理由も考える必要が出てくる。

次に亀田運輸のクレーマーとして毎回かけてくる木幡由実だが、何故か凌介を襲いに来たのだが、一体どうして凌介を襲おうとしたのか?そして中村充を殺した殺人犯でもある木幡由実は間違いなく怪しい1人ではあるんだけれど、中村充が亡くなる前に凌介に1度会った事があるという趣旨を話しているだけに10年前と言えば林と真帆の不倫疑惑に、ママボスの問題との接点がある。

木幡由実が真帆が悩まされ続けたママボスというなら話も見えてくるところだが、現時点では真帆だけでなく瑞穂にも何らかの恨む理由があるようで今後の行動に注意して行きたい。

林についてだけれど、茉莉奈に手助けにより林は逃亡者となった訳だが、真帆との不倫関係が1度きりだったのか?それともあの後に何があったのか?少なくても無関係ではないようだが怪しすぎるほど誰かに消される可能性が1番高い人物だけに実は1番消される可能性大の人物だと感じる。

林が生きていて都合の悪い人間は何人もいるようなので果たして無事事件解決まで生き延びれるかという感じもする。

そして最後は2人の人物になるが、菱田朋子と山田元哉の関係だ。現時点ではサッカースクールの所属関係以外は明らかではないが、少なくても2人は何か重大な秘密を握っている事だけは確かで、菱田朋子に至っては真帆を誘拐する理由もありそうな感じだし、これまで凌介のマンションに自由に出入りできた事からも1番反抗できる立ち位置にいる。

真帆が行方不明になった事や、サッカーボールが慶込まれた事件など2人が共同で犯行に及んでいるなら説明はつきやすいが問題は真帆を含めて3人を誘拐や殺人を犯してまでやる理由があるのだろうか?という事だ。

それ以外にも瑞穂、一星、河村、日野と4人が犯人だとした時にここまで追い込む理由が何処にあるのか?という事になる訳だけれど、瑞穂犯人説というのはそもそも瑞穂が真帆らを誘拐して山奥までスマホを置きに行くような行動ができるのか?という側面がある。それに会社以外の接点が全くない訳で10年前の出来事を絡めようとすると無理が生じる。

一星も同様で光莉の件以外では事件を起こすには接点がない。

そうなると10年前の一件に絡む事ができる人物が重要になる訳だが、河村、日野の2人が怪しくないとも限らない。

凌介の事を1番情報を得やすい人物は誰なのかも含めて考えていく必要があるだろう。

これで今年の放送は終わって年明けからは真相編に入っていくが果たして凌介は本当に犯人なのか?どうして篤斗は凌介を刺して犯人だと言ったのか?事情聴取から注目して行きたい。