14日ドラマ「真犯人フラグ」第5話を視聴した。

今回は凌介は記者会見に失敗した事で世間から犯人として更なる疑いをかけられる事になった。

そんな中でサッカーボールが蹴り込まれる事件が起こりそのボールは篤斗のボールに似ている事から篤斗のボールだと凌介は思い込んだ。

一星と瑞穂はそんな人の好過ぎる凌介とは別に凌介を陥れる犯人を捜そうとする。一方で凌介はあの写真に違和感を感じながら何も感じる事ができなかったが、ある日何者かに殺されそうになってからあの写真は真帆が篤斗と手を繋いで歩く事は最近ない事を思い出し、真帆が車道側を歩くように心がけている会話を思い出した。

その傘は限定100本の傘である事だけわかっていたがなかなか犯人像が見えてこない。

そんな中で菱田のマンションから真帆と同じ傘を発見し菱田を疑い出したシーンがメインだった。
ストーリー



今回は突然サッカーボールが蹴り込まれ、そのサッカーボールにはかつて真帆が書き入れたSの文字が記載されていた。この時点で4階の窓ガラスを割るほどのキック力が必要な訳だけれど、そもそもあれだけの高さを正確に蹴り込み正確に割るとなると相当なキックスキルが必要だ。

女性のレベルではまず難しいが狙って蹴り込めるだけのサッカー経験者も多くはない。スクールコーチが怪しいがそれでも蹴り込んでどうにかなるようなキック力と威力があれば今頃プロで十分活躍しているレベルだ。キックだけではない道具を使えば必ずしも不可能ではないがその道具は見つかっていない。

スクールコーチ山田は確かに挙動不審だったが現時点で篤斗との接点だけでそれ以外の接点が見えない。そして何よりもここから凌介が狙われるようになってきたという事だ。既に顔を知られており嫌がらせや命を狙われても不思議はない。

実際に嫌がらせは既に多く受けているし、今回は命まで狙われた。そして違和感と言っていた写真、動画についてもあの傘が真帆ではないのではないか?というところから疑い出している。あの子供は篤斗なのかも疑わしいところでもあるのだが、今回は菱田がかなり怪しく描かれている。

確かに隣人ではあるけれど、何処まで怪しく見える菱田だが傘まで真帆と同じ傘を持っているという事が判明した。しかしこれは近所づきあいがあった事を踏まえると同じ傘を同時に購入していたとしても不思議はない訳であり、この時点では怪しく見えるが別の案件で何かを隠しているような感じもしなくはない所ではある。

しかしこれだけ情報が流れるとありもしない事があるように言われてしまい、どこから手に入れたのか凌介の小学校時代の卒業アルバムをぷろびんが仕入れるなど明らかに誰かが意図的に情報を流しているとしか思えない。

私も現時点でこれだけの条件に見合う人物は誰かのか?と問われた時に接点は何かというのが重要なのだが、あな番の時にはサイコパスに裏切られているだけにあのような結末には今回ならないとは感じる。

この登場人物の中では私は現時点で犯人はアイツとは言わないけれど目星は付けている。私が黙しているアイツなら情報を得られているし、何よりも真帆との接点もあるし、唯一凌介を誘導で来た人物と説明する時に1番説明しやすい。

ただ現時点ではまだしっぽすら出していないがあな番の時もそうだったようにそういうそぶりを序盤で出す事はしない人物ではある。

次回は菱田が犯人として急浮上したが、凌介は信じ難いと否定した事で一星と瑞穂は独自路線で事件を追う。そして謎の男が凌介に近づいてきた。果たして謎の男は何を持って接近してくるのだろうか?その経緯に注目だ。