1日ドラマ「世界一難しい恋」第8話を視聴した。

今回は美咲をクビにした零治はクビと言ってしまった事を後悔していた。

しかし美咲はその言葉に吹っ切れてステイゴールドホテルへ再就職する。

それを聞いた零治は激怒するもクビにした社長に言う資格などない!

そんな零治に和田は舞子が零治を好きだという事を伝え

それを舞子に問い質すと舞子はそれを認めて零治は舞子を意識し始める。

そんな中零治の父が上京してきて東ぶりの体面をするも零治は顔も見たくない。

その理由が父が旅館を倒産寸前にして母親が逃げて離婚した事になった。

その事情を知っていた舞子は橋渡し役となって

零治と父親の距離を再び縮める役目をはたして父親は戻っていったが、

そんな中で舞子に思いをぶつけた零治だったが

舞子は私に甘えないでほしいと突き放し零治に再び美咲と向き合うように話した。

そして零治は美咲に強引に迫ったが、

美咲から思わぬ条件を突き付けられたシーンがメインだった。
ストーリー

美咲とケンカになり、思い余ってクビを言い渡してしまった零治。

美咲は、鮫島ホテルズを退社する。

美咲がいなくなったために零治は落ち込み、社員たちも心配になる。

社員たちは、美咲の送別会を開いて、

そこで零治に美咲のクビを撤回してもらおうと計画する。

しかし美咲は、ステイゴールドホテルへの再就職をすでに決め、

零治は激怒。さらに悪くなった2人の関係に、いら立つ零治。

彼は、和田が美咲を引き抜いたと思い込み、和田に抗議しにいく。

しかし、和田は美咲の方からステイゴールドホテルで働きたいと言ってきたのだという。

さらに和田は、零治が好きだからという理由で舞子にフラれたと零治に伝える。

舞子の気持ちを知った零治は、彼女を意識するように。

そんな中、零治の父・幸蔵が鮫島ホテルズのオフィスに現れる。

しかし、零治は、幸蔵を冷たくあしらい…。

以上日テレ世界一難しい恋HPより


今回は美咲をクビにした零治は何時もの悪い癖が出た事を後悔していた。

しかし後悔先に立たずというもので美咲は零治をすっぱり諦めて

ステイゴールドホテルに再就職するのだった。

まあ普通クビを宣告した社員がそのあとどこに就職しようと自由な訳です。

自己都合ではなく会社都合ですからね。

しかも美咲に落ち度が一切ない以上零治がライバルホテルに就職したからと言って

零治が美咲に激怒しても完全に筋違いであり、

職業選択の自由を零治は学んでいないのでしょうか?

そんな零治に寄り添っている舞子だったが、

舞子は昔から零治を慕っていた事を和田から聞かされ

そして零治を好きだと告げられたと話す。

そしてそれを舞子に問い質すと舞子は素直に認めた。

舞子にとって零治は恩人であるからね。

そんな中で零治の前に父親が現れた。

久しぶりに顔が見たくなったようだ。

しかし零治は父親とは会いたくないという顔としていた。

その理由が零治が父親が旅館を倒産寸前に追い込み

その上母親に離婚届を置いて出ていったのだから無理もない話だ。

しかしその事情を知っている舞子は再び歩み寄れるように色々な配慮を試みる。

零治も舞子の配慮に歩み寄り零治と父親の距離を縮めて父親は戻っていった。

そんな舞子に零治は付き合わないか?

と問うもここで舞子は厳しく零治を突き放した。

舞子にとっては零治の秘書で十分だという事なんですね。

そんな零治に再び美咲にアタックしなさいと言われた零治は

次は強引に美咲に迫って復縁をしようとするが、

美咲からとんでもない条件を出されてしまうのだった。

次回は美咲は零治にどんな条件を出したのでしょうか?

そして零治はその条件を飲むのでしょうか?

その条件に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。