6日大河ドラマ「青天を衝け」第17話を視聴した。

今回は栄一と喜作はまだ円四郎が暗殺された事を知らずに兵を集めていた。しかし江戸に立ち寄った時に初めて円四郎が暗殺された事を知り愕然とする。しかし栄一と喜作は円四郎から仕官を許された事を報いるために兵を集めていた。

そんな中で深谷に立ち寄った栄一と喜作は千代とよしと久しぶりの対面を果たしてこれからの活躍を誓う。そして栄一と喜作は京に戻り慶喜に謁見してその直後に慶喜は天狗党と戦う決意をしたシーンがメインだった。
ストーリー




今回は栄一と喜作は円四郎が暗殺された事を知らないまま関東で兵を集めていた。呼びかけに応じた兵は多くなりそれなりの兵数が集まった矢先に円四郎の死を知り2人は愕然とする。

この時代は誰が暗殺されるかわからない時代なのでこういう死は隣り合わせである。

そんな栄一と喜作は血洗島に近い深谷で千代とよしと久しぶりの対面を果たす。一橋の家臣となった事に驚かれながらもこれからの活躍を誓う2人は京に戻り慶喜に兵を集めた事を報告する。

そして栄一と喜作には天狗党との戦いが目前に迫っていた。

次回は慶喜の苦渋の決断に揺れる一橋家に栄一と喜作はどう向き合っていくのか?その戦いに注目だ。








青天を衝け 一
NHK出版
2021-01-29