30日大河ドラマ「青天を衝け」第16話を視聴した。

今回は栄一と喜作は関東に戻り一橋の家臣を集めるために奔走する。しかしその頃水戸藩では攘夷を求める決起の兵が立ち上がり水戸藩はその討伐に追われる事になった。

その頃京では池田屋事件が起こり、新選組に襲わせたのは円四郎だと水戸の浪士たちは思い込み、円四郎は狙われる身となる。

栄一と喜作は突然一橋の家臣になった事を信じられないかつての仲間たちは拒絶し、血洗島に戻ろうにも戻れない状況となる。

そんな中で円四郎は水戸の浪士に暗殺され、慶喜は嘆き悲しんだシーンがメインだった。
ストーリー



今回は栄一と喜作は関東で一橋の家臣集めに奔走するも、かつての仲間たちは突然一橋に仕えた事が信じられず拒絶する者が多数いた。

それはこの間まで倒幕を語っていた者が突然幕府側に仕える訳だから大義が180度変わってしまった。

それを受け入れる事は並大抵ではないが、この時代にはそういう柔軟な考え方ができる人が生き残った時代でもある。

そんな2人を見出した円四郎だったが、池田屋事件を契機にこれを仕向けたのは円四郎だと水戸浪士たちは感じていた。

そして栄一と喜作がその事実を知らないままに円四郎は水戸の浪士たちに暗殺されてしまったのだった。それを知った慶喜は大きく嘆いたのだった。

次回は円四郎を失った栄一と喜作はこの後どういう道筋を歩む事になるのだろうか?その行く末に注目だ。








青天を衝け 一
NHK出版
2021-01-29