4日大河ドラマ「西郷どん」第41話を視聴した。

今回は欧米諸国の事情と不平等条約の見直しを踏まえて岩倉使節団の欧米視察が決まった。その間の留守を隆盛に利通は託したが、その間に様々な難題が隆盛を襲い、山縣の汚職により陸軍大将を解任などになり、その間に明治天皇の全国行幸を行い全国の地域を鎮静化に取り組んだものの、隆盛にとって火種を残す結果となったシーンがメインだった。

ストーリー

廃藩置県が突如断行され、薩摩では久光が怒りに任せ花火を打ち上げ続けた。その後、岩倉や大久保は、不平等条約改正を目指して欧米視察に出ることに。西郷は、菊次郎に留学をすすめ西郷家にも波紋が広がる。留守政府を任された西郷は宮中改革などを押し進めるが、政府内の汚職騒動など次々と難題が湧き起こる。そして西郷は天皇行幸に同行し鹿児島へ。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より


今回は政府は欧米の技術や不平等条約の見直しを踏まえて岩倉使節団の欧米視察が決定する。留守にする間に隆盛に留守を託し、役職などの変更をしないように念を押して旅立ったが、今の政府ではそれが非常に難しい状況である事は利通らが旅立ってすぐにわかった事なのだが、やはり不満分子が渦巻く政府内では容易な事ではなかった。

そんな中隆盛は明治天皇にこれまでの常識を覆す全国行幸を提言し、明治天皇も隆盛の提言を受け入れた。これにより神である天皇が全国を回るという前代未聞の事が行われるのだが、この時代において天皇は神の存在であり、昭和天皇が人間宣言するまでは天皇陛下は神々の存在として崇められていた。

それが実現した事で全国各地は大騒ぎになった訳で、それが鹿児島も例外ではなかった。鹿児島では久光が県令を求めていたが、それは頑なに拒んだ隆盛だったが、久光との対面では今の日本が斉彬と目指した日本ではない事を正直に告げるのだった。

次回は欧米視察から戻った利通と隆盛は対立する。果たしてこの対立で政府はどう割れる事になるのか?その対立から目が離せない。








NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美
下野竜也指揮 NHK交響楽団、歌:里アンナ、他
avex CLASSICS
2018-02-21



西郷どん 完全版 第弐集 Blu-ray
鈴木亮平
ポニーキャニオン
2018-10-17



大河ドラマ 西郷どん オリジナル・サウンドトラックIII 音楽:富貴晴美
ヴォーカル:山崎育三郎 / サム・モレーノ / 城 南海 / サラ・オレイン 他
avex CLASSICS
2018-10-10



西郷どん 完全版 第壱集 Blu-ray
鈴木亮平
ポニーキャニオン
2018-07-18