26日大河ドラマ「西郷どん」第32話を視聴した。

今回は孝明天皇より二度目の長州征伐の勅命が下され長州は風前の灯火となっていた。そんな中一蔵は「義のない勅命は勅命にあらず」と幕府に従わない姿勢を打ち出して、吉之助は龍馬に再度長州の仲を取り持ってほしいと依頼する。

そして龍馬は薩摩名義で銃や軍艦を買い揃えた上で桂を説得に掛かる。そして桂は当初不信感から話をしなかったが、次第に受け止めはじめ、吉之助が頭を下げて桂を説得し桂も吉之助の誠意に心を動かされて薩長同盟は成立したシーンがメインだった。

ストーリー

ついに、孝明天皇より二度目の長州征伐の勅命が下された。それに対し、大久保一蔵は、「義のない勅命は勅命にあらず」と幕府に従わない姿勢を明確に打ち出す。吉之助は龍馬に、再び長州との仲を取り持ってほしいと頼み込む。

龍馬は動き長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買いそろえると桂小五郎を説得するが、薩摩に対する不信感が強い桂は腰をあげようとしない。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より


今回は1度失敗した薩長同盟がメインとなった訳だけれど、そのキッカケが2度目の長州征伐でもあった。その状況で薩摩は朝廷の勅命に従わない事を決める。

この状況では征伐している状況じゃないという事でもあった訳だけれど、それでも長州征伐を行おうとするのは慶喜の思惑もあった訳だが、それ以上に龍馬が薩長と結び付けようとしていた事を知らなかった。

そんな中で龍馬はようやく桂を説得して吉之助と対面まで持ち込んだが、当初は桂は交渉に応じようとしなかった。しかし次第に吉之助が歩み寄って桂の心を動かしてついに薩長同盟が成立した。

この同盟によって日本が大きく動く事になったのは言うまでもないが、ここに軍艦が調達された事の大きさがこの同盟の意味の大きさになるのだった。

次回はいよいよ倒幕へ向けて動き出すが、龍馬がイギリスの軍艦に捕まってしまう。果たして龍馬はそして吉之助はどう動くのか?その動向に注目だ。









大河ドラマ 西郷どん オリジナル・サウンドトラックII 音楽:富貴晴美
下野竜也 指揮 NHK交響楽団 ヴォーカル:里アンナ / サラ・オレイン / 平井 大 / 城南海 ピアノ:山下洋輔 他
avex CLASSICS
2018-08-08



西郷どん 完全版 第壱集 Blu-ray
鈴木亮平
ポニーキャニオン
2018-07-18