1日大河ドラマ「西郷どん」第25話を視聴した。

今回は野ざらしの牢に入れられて死の直面にいた吉之助を土持政照が救った。座敷牢に移された吉之助は子供たちに学問を教える事で命を繋いでいた。そんな最中海江田ら薩摩藩士が英国人を斬る生麦事件を起こし、英国が薩摩を攻撃してくる一大事となっていた。

しかしこの戦闘で薩摩軍は英国軍と互角に渡り合った事で勝利し、吉之助は一蔵の計らいで再び薩摩へ帰還する事ができたシーンがメインだった。

ストーリー

野ざらしの牢(ろう)で死に直面した吉之助は島役人の土持政照の機転で座敷牢に移され子どもたちに学問を教え始める。その頃、海江田ら薩摩藩士が英国人を斬る「生麦事件」が起こる。その補償を迫られた久光に一蔵は英国に屈せず戦うことを進言。英国艦隊が薩摩に迫っていた。その知らせは沖永良部にも届き、謎の流人・川口雪篷は漁師の舟を盗み島抜けを企てる。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より


今回は吉之助は沖永良部島に流され死に直面するも土持政照によって救われる事になる。今回の島流しは久光の逆鱗に触れて流されたものであり、沖永良部島に流された時点で戻れる状況になかったと言える。


しかしここから状況は大きく急変する。薩摩藩士が英国人を斬る生麦事件を起こしてしまった事で薩摩は英国と戦争をする事になってしまったのだ。当然当時の状況では勝ち目はないという見方が大勢を占めていたが、一蔵だけは屈せずに戦う事を進言するのだった。これは斉彬が来るべき時に備えて大砲を準備していたからこそできた事であり、備えがなければ間違いなく敗れていた。


吉之助も当初は英国と戦争になるという事を知り、心配するもその後の手紙で英国との戦闘はわずか2日で終わったという手紙の説明があり安堵するのだった。そして吉之助は一蔵の計らいで再び薩摩に戻る事になるのだった。


次回はスペシャルでお休みとなります。15日の3部では吉之助が再び京へ向かいます。果たして京で吉之助が待っている事とは何なのか?その出来事に注目だ。









西郷どん 完全版 第壱集 Blu-ray
鈴木亮平
ポニーキャニオン
2018-07-18



NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美
下野竜也指揮 NHK交響楽団、歌:里アンナ、他
avex CLASSICS
2018-02-21