8日大河ドラマ「西郷どん」第13話を視聴した。

今回は篤姫の輿入れが1年延期となったが無事に輿入れする事ができた。参勤交代が終わり斉彬は帰国する途中に京に立ち寄り近衛氏に次の将軍は慶喜にと後押しする。帰国後正助が嫁をもらう事を知り祝うも吉之助が不在の間薩摩は貧困に苦しんでいる事を話され江戸での事について改めようと考える。そんな中で老中阿部正弘が急死し斉彬の構想が揺らぎ始め、吉之助は江戸に戻る事となるが、そこに正助も同行させようとするが当初は拒否するも嫁の説得で決意し吉之助と江戸に向かうシーンがメインだった。

ストーリー

篤姫の輿入れを果たした吉之助は3年ぶりに帰郷する。西郷家はさらに貧困を極めていたが、家族や正助たちは再会を喜び質問攻めにする。けれど斉彬の密命を担う吉之助は話せないことばかり。友との間に埋まらぬ溝が出来てしまう。そんなとき老中・阿部正弘が急死。斉彬の構想は揺らぎ、江戸に戻ることになった吉之助は正助も薩摩から連れ出そうとするが、正助は激怒する。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より


今回は安政の大地震から1年後に篤姫の輿入れが無事に済み、篤姫は大奥で戦う事になった。そんな斉彬は参勤交代から帰国途中に京に立ち寄り近衛氏に慶喜を将軍に!というお願いに上がった。ここは政治の駆け引きになるので吉之助は政治の駆け引きを色々と知っていく。


そんな吉之助が久しぶりに薩摩に帰国すると正助が嫁をもらう事になっており、祝おうとするが吉之助は薩摩が貧困に苦しんでいる事を知り江戸での行動を改めようと考えるようになるが、周りは吉之助が出世すれば全て報われると説得される。確かに吉之助が出世すればお金も多くもらえるしこれまで抱えた借金も十分返済可能である。


そんな吉之助も立場が立場だけに話せない事ばかりが多くなりこれまでの正助との関係も変わってしまう。そんな最中に老中阿部正弘が急死し、事態は更に難しい状況に陥ろうとしていた。そんな状況に吉之助は再び江戸へ向かう事となり、そこに正助と共に江戸へ行こうと説得するも正助は固辞するも、嫁の説得で江戸に行く事を決意し吉之助と共に江戸へ向かうのだった。


次回は大老に井伊直弼が就任しこれまで抱えていた不満分子を一掃しようとする。果たして吉之助はこの状況にどう向き合うのだろうか?その状況に注目だ。





西郷どん! 並製版 上
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01






西郷どん! 並製版 中
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美
下野竜也指揮 NHK交響楽団、歌:里アンナ、他
avex CLASSICS
2018-02-21



西郷どん! 並製版 下
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01