25日大河ドラマ「西郷どん」第12話を視聴した。

今回は篤姫は江戸で2年待っても将軍家に輿入れできない事に焦りを感じていた。そんな状況を吉之助、幾島らは水面下で動き吉之助は他藩への働きかけ、幾島は大奥へ働きかけを行っていた。そんな状況でようやく篤姫の家定への輿入れが決まるも、その直後斉彬から家定の状況を聞かされそれでも篤姫は覚悟を持って輿入れする事を伝えた。その夜に安政の大地震が発生し篤姫は吉之助に守られ、その時に本心を告げて輿入れする覚悟を語ったシーンがメインだった。

ストーリー

篤姫は江戸に来て2年たつが、未だ将軍家への輿入れが決まらない。吉之助は幾島と他の藩や大奥へ働きかけ、本寿院との接触に成功。ようやく婚儀が正式に決まる。しかし将軍・家定との間に子は授からぬ事を知った吉之助は、篤姫が背負う悲しき宿命に心を痛める。そんな夜、篤姫は吉之助にだけ秘めた胸の内を吐露することに…。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より



今回は篤姫は江戸で2年輿入れの為に修行をしていたが今だに何時輿入れできるのか決まらない。それに業を濁した斉彬は吉之助、幾島を使って篤姫の輿入れを取り進めるようにと吉之助は他藩に働きかけて、幾島は大奥に働きかけを水面下で行った。家定はとにかく判断能力のない将軍であり老中阿部正弘も手を焼いている中で家定に正室を取らせる事にしたが、そこで決め手にしたのは体の丈夫な者だったが、篤姫は体が丈夫であった事と強運の姫であるという事を教えた事で家定は篤姫に決めるのだった。

そして数か月後の10月2日に斉彬は篤姫に家定への輿入れが決まった事を告げる。そして篤姫に家定の状況を伝えるも篤姫は島津家の為に全てを捧げると語り覚悟を語った。しかしその夜に安政の大地震で島津家も倒壊した中で篤姫は吉之助に救われ、そこで篤姫は逃げたい一心を告げるもそれを受け止めた吉之助に全てを託す決心を固めて自らは輿入れへの覚悟とその心中を吉之助は知ったのだった。


こういう出来事が後の江戸城無血開城に繋がるのですけれど、まだそれは吉之助も篤姫も知る由もなかったのだった。


次回は1週総集編を挟んで篤姫は輿入れした事で島津家は様々な繋がりを得る事になる。その中で吉之助はどういう立場になっていくのか?その状況に注目だ。





西郷どん! 並製版 上
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



西郷どん! 並製版 中
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



西郷どん! 並製版 下
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01









NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美
下野竜也指揮 NHK交響楽団、歌:里アンナ、他
avex CLASSICS
2018-02-21