11日大河ドラマ「西郷どん」第10話を視聴した。

今回は斉彬の密偵となった吉之助は慶喜に会う為に再び磯田屋に行くが、そこで正体を明かされた上で将軍になるつもりはないと伝えよと言われてしまう。斉彬はこの状況を知り一刻の猶予もならないと感じたが、そんな最中に篤姫が行方不明となり探すように命じられた。そして見つけた篤姫は薩摩の父が亡くなった事を悲しみ、飛び出したが吉之助の説得により戻る決心をした。

しかしそこで待ち受けていたのは篤姫の教育係となる幾島だった。幾島は大奥へ入れる為に標準語から様々な大奥のしきたりまで教えるのだった。そんな最中吉之助を訪ねて慶喜と対面した橋本佐内と会談し斉彬は外国と対抗するために賢明の慶喜を将軍とし、篤姫を家定の正室にして実権を握ろうとしている事を知ったシーンがメインだった。

ストーリー

斉彬の「密偵」となった吉之助はヒー様の正体を確かめるために磯田屋に行くが、そこで福井から来た謎の蘭方医と出会う。そんなとき、篤姫が薩摩藩邸から失踪。吉之助は秘密裏に篤姫を連れ戻すが、斉彬は「篤姫は将軍家に輿入れをする」と言い渡し、教育係の幾島が現れる。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より



今回は吉之助が慶喜と面会した事を知った斉彬は再び会うように仕向ける。そして再び対面した吉之助は慶喜からある言葉を受ける。それが将軍になる気はないというものだったが、これは将軍になる気があると捉える事もできる訳で言葉ではあえて逆を述べる事で伝えるという事だ。斉彬はあくまで難しいと答えるもこれは額面上の話であり、その中でどうやって取り入れるか?という問題が生じた。


そんな中で篤姫が抜け出した事を知った斉彬はすぐに吉之助に密かに連れ戻すように伝えるも、抜け出したのは薩摩の父が亡くなったからであり、この状況が嫌だったからではないという事ではあったが、この大事な時にそんな事も浸れない苦しい状況には合った。


そんな篤姫は大奥の正室になる為に幾島から大奥の指導を受ける事になるが、元々薩摩弁がかなりなまっている事もあるけれど、江戸、京都、薩摩では全然土地柄も違う為にいかにして江戸の標準語で話、大奥の事を学び、大奥を仕切るかが最大の問題だった。まあこれまで大勢を仕切った事がない訳だから無理もない話ですけれどね。


その後吉之助は橋本佐内という磯田屋であった男と会談する事になるが、その会談で吉之助は斉彬がどうして篤姫を将軍の正室にし、どうして慶喜を将軍にするのか知る事になる。この頃の吉之助にはまだ幕府や世界情勢を知るような知識はなくただただ驚かされる事ばかりであり、ここから吉之助は幕府や世界情勢の事を学んでいく事になるのだった。


次回は斉彬が暗殺されそうになる。吉之助はそんな状況で一体何ができるのだろうか?その行動に注目だ。








西郷どん! 並製版 上
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



西郷どん! 並製版 中
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



西郷どん! 並製版 下
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美
下野竜也指揮 NHK交響楽団、歌:里アンナ、他
avex CLASSICS
2018-02-21