4日大河ドラマ「西郷どん」第9話を視聴した。

今回は江戸に到着した吉之助はそこでは38番という役目で奉公する事になった。その初日に再会した仲間と品川宿の磯田屋に行きそこでかつて逃がしたふきと再会する。そこでこれまでの話をしているうちに吉之助はふきからある人物を紹介されるが、その人物はヒー様と呼ばれる町人風の謎の男だった。

その日に門限破りをしてしまった事で吉之助は庭掃除の罰を受けるも、その直後に斉彬が住む庭のお庭番を命じられた。そんなある日斉彬と面会した吉之助はあの時の少年である事を斉彬は思い出し、斉彬は水戸藩の斉昭に書状を届けるように命じられた吉之助はそこで斉昭の考えを知り、そしてヒー様と呼ばれる男が慶喜である事を知ったシーンがメインだった。


ストーリー

吉之助は藩主・斉彬とともに江戸の薩摩藩邸に到着。再会した仲間と品川宿の磯田屋に行き、ふきと再会する。ふきはかつて吉之助と出会い、紆余曲折の末に江戸に流れてきた薩摩の貧しい百姓の娘だった。そのふきをひいきにしているのは、周囲から「ヒー様」と呼ばれる町人風の謎の男だった。そして吉之助は、斉彬のお庭方を命じられる。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より


今回は吉之助は38番として江戸で奉公する事になった。しかし吉之助の立場ではそう簡単に斉彬にお目通りが叶う訳がなく、初日は歓迎会という事で仲間との再会で品川宿の磯田屋で飲む事になったが、そこで以前逃がしたふきと奇跡の再会を果たした。その再会によりふきがこれまでの経緯を聞いている間に吉之助はヒー様と呼ばれる男と初めて対面する。


その対面がその後の運命を左右するのだが、吉之助は門限破りで掃除当番の罰を受けたが、その直後斉彬のお庭番に任ぜられた吉之助はそこで斉彬と面会しあの時の少年と知った斉彬は吉之助にある任務を命じた。その任務は水戸前藩主斉昭に書状を届ける事だった。届けた吉之助は最初その真意がわからず問うと斉昭はその理由を説明した直後あの時あったヒー様が何と藩主慶喜だった事を知るのだった。


次回は開国した事により14代目藩主の座を慶喜にするため斉昭は家定の正室に篤姫を差し出そうとする。果たして篤姫の心境はいかに?その心境に注目だ。








西郷どん! 並製版 上
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



NHK大河ドラマ「西郷どん」オリジナル・サウンドトラックI 音楽:富貴晴美
下野竜也指揮 NHK交響楽団、歌:里アンナ、他
avex CLASSICS
2018-02-21









西郷どん! 並製版 中
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01