11日大河ドラマ「西郷どん」第6話を視聴した。

今回は牢に入れられた吉之助はそこで謎の漂流者と出会う。その漂流者の話す言葉のわからない吉之助は正助の協力で対話できるようになる。そこで知ったのはこの男がジョン万次郎である事であり、土佐出身の漁師だという事だった。

この事実を知った斉彬は万次郎から異国の事を色々聞かされた事でこのままでは対抗できないと知り斉彬は動き出す。そして吉之助の願いを聞き入れて、吉之助は糸からの告白を知って驚くも糸は嫁いでいったシーンがメインだった。

ストーリー

藩主・斉彬を相撲で投げ飛ばした、西郷吉之助は牢屋(ろうや)に入れられるが、そこには衰弱した謎の漂流者がいた。男は吉之助を警戒し何を聞いても口を閉ざすが、男を襲う刺客が現れ、吉之助は間一髪で男を助け牢から逃亡し、西郷家にかくまうことになる。一方、吉之助への思いを抱いたまま嫁入りの日が迫る糸は、厳格な父に外出を禁じられていた。そんな糸を連れ出した正助は、漂流者から聞いたメリケンの話を聞かせ、好きな人に愛を伝えること、それがラブだと語る。

以上NHK大河ドラマ「西郷どん」より



今回は斉彬に勝ってしまった事で牢に入れられた吉之助だったが、これが斉彬なりの意図があって入れられた事を後ほど知る。その牢には異国からやってきたという漂流者が入れられていた。言葉はメリケン語を話す為何を話しているのかわからない。それでも片言の言葉は解るらしいその男と親身に対話を続ける吉之助は正助の協力を得て対話していく。


そして対話していくうちにこの男が土佐出身の漁師である万次郎だと判明した。ジョン万次郎は遭難した先にアメリカの船に拾われてアメリカの教育を受けて10数年ぶりに日本に戻ってきたが、当時の日本は異国に行った者たちは処罰される時代だっただけに密国して戻ろうとしたのだった。それでもこの時代は斉彬はそういう異国の経験した者を重宝した事で万次郎は斉彬に今のままでは確実に勝てないと進言した事で斉彬はそれを受け入れた事で薩摩は開国までに様々な近代化を目指して行く事になる。


次回は吉之助にも嫁を貰う事になる。果たして吉之助の嫁になる人物とはどんな人物なのだろうか?その人物に注目だ。





西郷どん! 並製版 上
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01












西郷どん! 並製版 中
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01



西郷どん! 並製版 下
林 真理子
KADOKAWA
2017-11-01