19日(日本時間20日)リオデジャネイロ五輪競技15日目が行われ、

陸上男子4×100mリレー決勝で日本が見事なバトンリレーで

アメリカに競り勝ちアジア史上初となる銀メダルを獲得した。

陸上競技男子50km競歩で荒井広宙選手だ3位に入ったものの1度は失格とされるが、

再度抗議して協議した結果3位が認められ、日本競歩史上初となるメダルを獲得した。

レスリングフリースタイル男子57kg級で樋口黎選手が

快進撃で決勝まで進出し惜しくも敗れたものの

銀メダルを獲得し東京では金メダルを目指す。

シンクロナイズドスイミングチームで日本は見事な演技を披露し

3大会ぶりにメダルを獲得した。

これで日本はメダル数で過去最高となるメダルを獲得し

東京へ繋げる大会となっている。
まず陸上男子4×100mリレーは本当に日本が世界と戦えるまでになったのだと思うと

本当に興奮する結果だった。

それぞれの持ちタイムは9秒台が1人にいないがそれぞれ10秒切りそうな

タイムを持っている事で実現した。

リレーは1人ずば抜けた人がいても勝てる競技じゃないので

それぞれがアベレージを出せる事こそが必要である。

ジャマイカのボルトについては次元が違うので仕方ないが、

それ以外の国と堂々と渡り合った事は大健闘に値する。

アンカーのケンブリッジに渡った時にはボルトに食らいついていった事で競り勝ったと言える。

本当にこれから数人が9秒台を出せるようになったら

それこそ金メダルが見える可能性があるという事でもあった。

競歩では荒井広宙選手日本史上初となるメダル獲得を獲得した。

1度は失格扱いとなったけれど、

再度抗議した結果メダルが認められるという顛末はあったものの、

メダル獲得が決まり本当に良かったと思います。

レスリングフリースタイル男子57kg級で樋口黎選手はノーシードから勝ち上がった。

破った相手が世界ランキングトップの選手ばかりと

まだ20歳という事でこれから大会に出場すれば

間違いなくトップクラスの順位になると思いますので

次の東京では金メダル最有力候補と言えるでしょう。

シンクロナイズドスイミングの日本チームは3大会ぶりとなるメダルを奪還した。

井村監督が退任してから衰退の一途だっただけに

いかに井村監督が偉大だったのかを知ります。

次の東京ではさらに輝いたメダルを獲得してほしいと思います。

これで日本はメダル数で過去最高を更新した。

まだ競技は残っているもののメダル獲得の可能性ある競技がないので

これでメダルは確定だと思います。

もちろんこれは裏切ってくれて構いませんので裏切って

更なるメダル獲得をしてくれればさらに嬉しい限りです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。