9日ドラマ「 #リモラブ 〜普通の恋は邪道〜」第8話を視聴した。

今回はようやく1夜を共にした美々と青林はお互いに巣の状況を観る事で打ち解け始めていた。

しかしそんな2人の前に青林の叔母典子が突然上京してきて本当に付き合っているのか疑問視される。しかし美々が普段着を着て潔白を証明すると、青林も美々の事を真剣に向き合っている事を告げた。

その直後に美々は円形脱毛症になっている事を知ってショックを受けるがそれを青林に家出せないままのシーンがメインだった。
ストーリー




今回は青林と美々は同じ部屋で1夜と共にした訳だけれど、ここで色々とこれまで見せなかった姿を見せるのだが、それなりに打ち解けてくれば見せなくていい関係から見せて良い関係になる訳でそれはそれで良いとは思う。

問題は青林と美々の前に青林の叔母が現れた事で美々は動揺して青林は地元の幼なじみと両親は結婚してほしいという事を告げられた事で美々は動揺し、叔母はこの結婚が嫌だから騙していると観ていたのだった。

しかし美々は潔白を主張して普段着の姿で再び現れた事で青林も美々との交際は真剣である事を真剣な顔で告げた事でようやく信じてもらえた2人は安堵を浮かべる。

しかしここで美々に異変が起きる。美々は学生時代に円形脱毛症を発症しておりそれがこのストレスで発症してしまったのだった。そんな中で青林に直接言えない美々は再びSNSで文字にして伝え始めるのだった。

確かにこんな事を直接言いづらいですからね。

次回はようやく次のステップに進む事ができそうだった美々と青林だったが果たしてこのまま順調に恋は進展するだろうか?その展開に注目だ。