16日プレミア12準々決勝日本対プエルトリコ戦が行われ、

9対3で日本が前田投手が7回無失点に抑え、

打線も初回から8回まで小刻みに得点を重ねて大勝し、準決勝で韓国と対戦する。

試合は日本先発前田投手、プエルトリコ先発シントロンの投げ合いで始まり、

初回に日本が4番筒香選手のタイムリーで先制すると、

プエルトリコは3回に無死1,2塁のチャンスを作るも

前田投手が併殺打に打ち取り無失点に乗り切ると、

その裏日本は6番平田選手のタイムリー2ベースで追加点を重ねると、

4回、6回に2番坂本選手の連続タイムリーで3点を追加し、

7回、8回にもそれぞれ2点ずつ追加して9点のリードを広げた。

9回にプエルトリコは3点を返したがそのまま逃げ切り日本は準決勝進出を果たした。

これで日本は準決勝で再び韓国との対戦となり激しい攻防が予想される。
負けたら終わりの決勝トーナメントとなったけれど、

やはり勝つしかないという戦いは気持ちの入り方が違うものだが、

この試合に関してはプエルトリコの自滅というべき試合でもあったと思うし、

それだけ日本打線が当たっているという事でもあった。

4番中村剛也の欠場があったものの、打線の繋がりは全く変わらなかったし、

筒香選手、中田翔選手が当たっているので全く欠いた影響もなく、

誰が出場しても繋がりある打線になっている。

何といっても先発前田投手が7回無失点に抑えた事で試合が決まったといえる。

次は宿敵韓国との対戦だ。また韓国という感じなんだけれど盛り上がる事は

間違いないだけに19日の決戦では激しい戦いが繰り広げられるだろうから

先発大谷投手が再び韓国打線を封じてほしいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。