15日プレミア12 1次ラウンド日本対ベネズエラ戦が行われ、

6×対5で日本が途中出場の中村晃選手のサヨナラタイムリーで勝利し

5戦全勝で1次ラウンド突破を決めた。

試合は日本先発西投手、ベネズエラ先発ガルシアの投げ合いで始まり、

初回にベネズエラが1番オルメドの先頭打者ホームランで先制を許すも

2回に日本が8番平田選手のタイムリーで同点に追いつく。

しかしベネズエラは4回に6番アポダカの2ランで勝ち越しを許すが

その裏1番秋山選手のタイムリーで1点差とする。

そして8回に日本が1死満塁のチャンスに

6番中田翔選手の2点タイムリーで逆転に成功するも、

9回にベネズエラが代打イエペスの2点タイムリー2ベースで逆転を許して迎えた9回裏

日本は相手の暴投で同点に追いつくと

最後は途中出場の中村晃選手のサヨナラタイムリーで日本が逆転勝利で5連勝とした。

これで日本は決勝トーナメント1回戦でプエルトリコと対戦する。
最後の最後までハラハラドキドキの展開だったがリードされても

逆転するという今のチームにとって1番必要な勢いがある。

誰もがヒーローに慣れるチームにとって伏兵と見られていた

中村晃選手が決めるという展開は本当に劇的だ。

ベネズエラもこの試合に勝利すれば決勝トーナメント進出だっただけに

その執念を選手たちが上回った。

これで決勝トーナメント1回戦はプエルトリコと対戦する。

強化試合で2試合戦っているので勝手知る相手だが、

簡単にはいかないので気を引きしめて戦ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。