12日プレミア12 1次ラウンド日本対ドミニカ共和国戦が行われ、

4対2で日本が中田翔選手の3打点の活躍でドミニカ共和国を振り切り3連勝で

1次ラウンド突破をほぼ決定的とした。

試合は日本先発武田投手、ドミニカ共和国先発カブレラの投げ合いで始まり、

初回に日本が4番中村剛也選手のライトフライをセカンドとライトが後逸して先制し、

4回には6番中田翔選手のタイムリーで追加点を上げた。

しかしドミニカ共和国は7回にR・ロドリゲスの2ランで同点に追いつかれるも、

8回に日本が6番中田翔選手のタイムリーで勝ち越しした。

8回以降3番手山崎投手、最後は抑えの松井投手が抑えて

日本が3連勝で1次ラウンド突破を決定的にした。

これで日本は1次ラウンド突破をほぼ決定的にして強敵アメリカと対戦する。
2試合大敗をしていた相手とはいえWBC覇者であり、

1度打線に火が付けば餌食になりかねないという事もあり

投手陣のでき次第では苦戦も予想できたが、

投手陣が確り抑え、打線も少ないチャンスをものにした。

特に中田翔選手が当たっているのでクリーンナップでチャンスを作り、

クリーンナップで返せなかった走者を中田翔選手が返すという展開が見事にはまっている。

投手陣については今回は確り各チームの抑え投手を選出しているので

8回以降については計算できるメンバー構成は

これまでのWBCで苦しんできた経験が活かされている。

これで日本の1次ラウンド突破は間違いないが、

次のアメリカ戦に勝利すれば1次ラウンド1位通過が決定だけに

決勝トーナメントへ向けて1位突破を果たしたいところだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。