16日ドラマ「親バカ青春白書」第3話を視聴した。

今回はさくらと寛子がミスコンに出る事になりガタローは落ち着かないが、さくらはやってみたいという気持ちに渋々了承する。そんなさくらと寛子は2次審査も通過して最終審査に挑むが直前で寛子が辞退してさくらだけで出場する事になった。

当初は大反対だったガタローも次第にさくらを応援しているようになり、さくらはミスコンでガタローの後押しもあり特別賞を受賞したシーンがメインだった。
ストーリー



今回はさくらと寛子がミスコンに出場する事になり、当初ガタローは反対の姿勢でデモすら起こすほとだった。しかしガタローはミスコン委員会に論破されてあえなく撃沈してしまう。

そんなさくらと寛子は1次審査、2次審査も通過して最終審査まで進出するのだった。しかし最終審査になって寛子が彼氏の意向で最終審査を辞退してさくらだけ出場する事になった。当初は反対だったガタローも最終審査となってさくらを応援するが、途中で根来が乱入してさくらに告白するという大ハプニングが起きてしまいガタローも乱入してミスコンは大混乱に陥る。

そんな展開で最終的にはさくらはグランプリは獲れなかったが特別賞となり、この動画が100万回越えとなってバズッたのだった。

次回は2年に進級したさくらたちはそこで1年とは違う状況になっていた。はたして2年のさくらたちはどんな生活を送っているのか?そのオヤハルに注目だ。