25日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」第4話を視聴した。

今回は町内の読書会に出席する事になった菜美たちは読書の秋を過ごしていた。その最中読者会を主催している主婦の子供が誘拐される事件が起きた。警察には連絡せずにお金を用意して解決しようとする姿勢に菜美は疑問を抱く。

そんな最中犯人から送られてきたスマホから身代金1億円を用意しろ!と犯人から要求された。

犯人像が見えない中で菜美はこの家の異変と途中で現れた家庭教師の女性を怪しみ、そこからこの事件が家庭教師の女性が犯人と絡んでいる事を感じた菜美はかつての仲間のところを訪れてそこから犯人がいる場所の特定した事で菜美は犯人たちを撃退し、誘拐された子供を救出しこの事件が家庭教師の女性と夫の愛人関係の縺れから起きた事件だったシーンがメインだった。

ストーリー

町内の豪邸に住む主婦・美佐子が開いている「読書会」に参加することになった菜美と優里、京子。美佐子の息子・悠斗の可愛らしさと聡明さに刺激を受けた菜美は、子どもが欲しいと勇輝に言いかけるが、はぐらかされてしまう。

数日後。悠斗が誘拐される事件が発生!犯人は翌日までに1億円支払うよう要求し、警察に通報したら息子を殺すと脅迫してきた。「読書会」のために美佐子の家を訪れ、事情を聞いた菜美は、自分たちだけの手で事件を解決しようとする美佐子の夫・光雄の頑なさに違和感を抱く。

光雄が金策に奔走する中、悠斗の家庭教師・真純(佐野ひなこ)が美佐子の家に現れた。その直後、犯人から身代金の受け渡しに真純を指定するメールが届く。その文面にもおかしなものを感じた菜美は、美佐子の家に泊まり込むことに。

翌朝。かき集めた7000万円で手を打ってくれるよう、犯人との交渉に挑む光雄。しかし、悠斗を誘拐した大学生・秀人が悠斗に顔を見られてしまったことから事態は急展開し始めて…。

果たして菜美は真犯人を突き止め、悠斗を取り戻すことができるのか?そして真犯人が悠斗を誘拐した本当の目的とは…!?

以上日テレ奥様は、取り扱い注意HPより


今回は突如起きた誘拐事件に菜美たちが向き合う事になるのだが、犯人の心当たりがなく途方に暮れる。犯人からはスマホが送られてきて身代金1億を要求するという事態に警察に連絡せず1億を渡して解決しようとする夫の姿勢に途中で現れた家庭教師の女の挙動不審の行動に菜美は怪しむ。


確かにこういう誘拐事件は相当な用意周到でなければまず簡単に1億も要求する事はない。その点では菜美は最初からこの事件の犯人を見抜いていた。ただ犯人の足跡がないだけに上手く時間を見ながら菜美はかつての仲間であるおばちゃんと再会し、そこでおばちゃんがハッカーとなり監視カメラをハッキングして情報を得て犯人を特定した。


菜美にはこういうかつての仲間のネットワークがあるようだ。今回はおばちゃんハッカーだけれど、次はどんな人物が出てくるのだろうか?


アジトを突き止めた菜美はサングラスと帽子を被ってアジトに突撃して犯人3人をあっけなく制圧して家庭教師の女も含めて4人の犯人を逮捕させたのだった。


次回は菜美、優里、京子の3人が家出する事になる。しかし家出先で騒動に巻き込まれる。果たして菜美はこのピンチをどう乗り切るのか?そのピンチに注目だ。