6日ドラマ「奥様は、取り扱い注意」最終話を視聴した。

今回は菜美が旦那が公安の人間である事を知りバトルとなるも互いに互角の戦いを演じ決着が付かなかった。そして互いに話し合った結果勇輝は菜美に一目惚れし本来なら拘束しなければならないところを自らの妻にする事で監視名目として一緒になったという事だった。しかし最近の目に余る街での活躍ぶりに菜美をこのままにできないとドイツ行きを提案したのだった。

そんな中で優里が主婦売春グループから暴行を受けて入院した。当初は階段から落ちたという事だったがそうじゃなくそれを知った菜美は主婦売春グループからデータを根こそぎ奪い取った。しかし今度は京子が誘拐され、菜美は京子を助けに向かい見事に男たちを撃退したが待っていたのは勇輝からの最後通告だったシーンがメインだった。


ストーリー

菜美が、愛する旦那・勇輝の本当の姿を小雪から知らされた夜、史上最大の“夫婦喧嘩”が勃発した!!自分のすべてを尽くした死闘の中でお互いへの愛を再確認した菜美と勇輝は、一時“休戦”。任務のために菜美に近づきながら本気で菜美を愛してしまった苦悩を打ち明けた勇輝は、“普通の主婦”としてドイツで暮らすことを提案する。しかし、お行儀の良い、見せかけだけの“未来”を菜美は受け入れることはできない。


そんな中、優里は久々に啓輔の思いやりに触れ、横溝との対決を決意。しかし横溝は自分に服従している主婦たちへの見せしめに優里に暴力をふるい、優里は重傷を負って入院してしまう。勇輝は菜美に、これからも2人が夫婦でいるために優里の事件を“黙殺”するように忠告。しかし京子から優里が佳子と接触していたと聞いた菜美は、事件の真相を明らかにするために動き出す…。


優里は、自分の過ちをふくむすべてを菜美に告白。親友の“幸せ”を守るために、菜美は横溝への復讐を決意する。しかしそれは、菜美と勇輝の“幸せ”の終わりをも意味していて…!?

以上日テレ奥様は、取り扱い注意HPより



今回はやはり旦那は只者じゃなく公安の人間だった。まあもう明らかに公安!という匂いプンプンしていた訳で何も驚く事はないんだけれど、驚いたのは2人のバトルが夫婦喧嘩にしか見えないというもう息の合ったプレーと言うべきバトルは見応えがあった。


そんな菜美と勇輝は一時停戦して話し合い勇輝は当初から菜美が工作員である事を知っており公安の世界では超有名人だった事が明らかになる。しかし菜美に一目ぼれした勇輝は自らの妻にする事で菜美を拘束しない事にしたというのだ。


普通ならあり得ないケースだけれどそれだけ勇輝が特別なセッションの人間だからできたという事なのだろう。そしてそんな話し合いの中でこれ以上騒ぎを起こすと庇い切れないと言われた。


しかしその忠告も優里が主婦売春グループからの暴行により黙って観ている訳にはいかなかった。菜美は主婦売春グループから根こそぎデータを奪い取ったが、その報復として京子が誘拐されてしまい、菜美は京子を助けるために立ち向かった。そしてこれまで貯めこんでいた力を全て出した菜美は尽くグループの一味を制圧して京子を取り戻したが、家に戻った菜美を待っていたのは勇輝からの最後通告だった。


あの後どうなったのか?は正直わからないけれど多分菜美の事だから死んでいない事だけは間違いない。そしてその後菜美と勇輝はどうなったのか?という部分については謎のまま終わるというこのドラマらしいかな?という感じだ。


総評として菜美が特殊工作員でありながらも実際には正義感溢れる女性だったという描かれ方は実に上手く描かれてきたし、実は監視されていたという事実についてもこれも恋は盲目という事なのだと思います。菜美は最初から裏の世界で活躍しようとした訳じゃなくその場所でしか活躍する場所がなかったという事だったんですね。普通の生活ではやはり収まり切らない取り扱い注意の主婦でした。


来年の最初のクールもこの枠のドラマを視聴致します。ドラマレビューはこれが事実上最後となりま
すが1年間ありがとうございました。


次のドラマは広瀬すず主演ドラマという事で坂元裕二脚本ドラマという事で再びシリアスな展開が期待されます。果たしてどんなシリアスな展開が繰り広げられるのか?


それでは1か月後この枠で再び皆様とお会いできる事を楽しみにしております。