29日プロ野球日本シリーズ2016

広島東洋カープ対北海道日本ハム戦がマツダスタジアムで行われ、

4対10で北海道日本ハムばレアードのグランドスラムで試合を決めて

10年ぶり3度目の日本一に輝いた。

試合は広島先発野村投手、北海道先発増井投手の投げ合いで始まり、

初回に北海道が3番岡選手のタイムリーで先制するも、

2回に広島が6番鈴木選手、

8番石原捕手の時にサードレアードのエラーで逆転に成功する。

しかし北海道は4回に7番田中選手のタイムリー、

1番西川選手のタイムリー3ベースで3点を獲って逆転に成功する。

広島は5回に3番丸選手のホームラン、

6回に代打下水流選手のタイムリーで同点に追いついたが、

8回に北海道は4番手ジャクソンを攻めて、

4番中田選手が押し出しを選び、5番に入っていたバースのタイムリー、

そして止めは6番レアードのグランドスラムで一挙6点を上げて試合を決定づけた。

投げては大谷投手を登板させずに最後は6番手谷元投手が抑えて

北海道日本ハムが10年ぶりの日本一に輝いた。

これで2016シーズンは北海道の10年ぶりの日本一で幕を閉じた。
広島のホームに戻った事で広島有利になるという予想もあったが、

北海道で勢いづいた北海道日本ハムが勢いそのままに押し切って日本一を勝ち取った。

当初は大谷投手先発も予想されたが、7戦目の事を考慮して起用しなかった。

これについてはやはり指揮官は最悪の事態を想定した時に

大谷投手を最後に残しておけばそれだけで相手に脅威となる。

普通の投手なら登板させずに終わるが、代打でも登場できるし、

何より抑えで登板可能だ。

最後はその展開も考えていたのだろうけれど、

レアードのグランドスラムによって無理な起用はせずに終わった。

8回までシーソーゲームだったけれど、

8回の起用が広島のミスというコメントが目についたけれど、

それなら誰を起用すべきだったのだろうか?

ミスなら誰なら正解?と言わないとね。

監督としてシーズン通して活躍した投手を起用する事も必要であるし、

それ以外の投手がいなければ登板させるしかなかったというところだ。

それでも栗山監督は賢明は起用をしました。

3年前の田中投手の無謀な起用法をしなかったところに

MLB関係者もホッとしているのではないでしょうか。

おめでとう北海道日本ハム!

そして広島東洋カープもこの1年本当に素晴らしい戦いをしていました。

また来シーズン激闘を期待したいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。