22日プロ野球日本シリーズ2016

広島東洋カープ対北海道日本ハム戦がマツダスタジアムで行われ、

5対1で広島がリプレー検証で判定が覆って勝利し2連勝で北海道に乗り込む事になった。

試合は広島先発野村投手、北海道先発増井投手の投げ合いで始まり、

2回に広島が7番小窪選手のタイムリー2ベースで先制するが、

北海道も4回に広島菊池選手のエラーで1点を返し同点に追いついた。

しかし広島は6回に無死2塁から2番菊池選手のタイムリーで

2塁走者田中選手が突っ込みアウトの判定も

ここでリプレー検証が要求されて検証の結果セーフと判定されて

ホームインが認められて広島が勝ち越すと、この回一気に4点を加えた。

投げては先発野村投手が6回を1失点で抑え、

その後2番手今村投手、3番手ジャクソン、

最後は抑えの中崎投手が抑えて広島が2連勝で北海道に乗り込む事になった。

これで広島は32年ぶりの日本一へ大きく前進し

3戦目で黒田投手最後の登板で王手を掛ける。
リプレー検証で判定が覆っての勝利は

本当に日本シリーズ史上に残るプレーと言ってよいだろう。

1978年のヤクルト対阪急のカードでは

当時の上田監督がホームランを巡り1時間以上抗議したという伝説があるけれど、

今の時代ならリプレー検証が認められている事で概ね5分以内で決着が付く。

これによって流れは広島に傾き連日の5対1で2連勝を飾った。

これで広島は3連敗しても再び広島に戻れる権利を得た訳だけれど、

北海道では大谷投手がDHで出場する事を踏まえると

簡単には勝てないだけにその戦いが注目される。

果たしてこのまま広島が3連勝するのか?

それとも北海道が踏み止まるか?注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。