22日プロ野球日本シリーズ2016

広島東洋カープ対北海道日本ハム戦がマツダスタジアムで行われ、

5対1で広島が北海道大谷投手を攻略して勝利し初戦を取った。

試合は広島先発ジョンソン、北海道先発大谷投手の投げ合いで始まり、

2回に広島が1死1、3塁からダブルスチールで広島が先制する。

4回には4番松山選手、6番エルドレッドのホームランで2点を追加して3点リードを奪う。

北海道も7回に7番レアードのホームランで1点を返すが、後続が続かず、

その裏広島は3番丸選手、6番エルドレッドの犠牲フライで2点を追加し、

投げては先発ジョンソンが6回途中まで1失点で抑え、

その後2番手今村投手、3番手ジャクソン、

最後は抑えの中崎投手が抑えて広島が大谷投手を攻略して初戦を取った。

これで広島は32年ぶりの日本一へ大きな壁の大谷投手を攻略し

チームに勢いを付ける事に成功した。
抑えが故障した北海道にとって大谷投手の投げる初戦は

絶対に取りたかった試合だったと思う。

その初戦をまさか一発で沈むとは予想できなかった初戦になった。

この試合は普段屋外で投げる事が少ない大谷投手にとって

雨という悪天候も普段と違う環境の中で投げる事になった事も大きかった。

広島はホームのアドバンテージがあっても初回に守備のミスでピンチを迎えたが

ここで北海道が得点できなかった事が北海道にとって1番痛かった。

その後は広島がホームのアドバンテージを活かした戦い方ができていたし、

何より大谷投手から2本のホームランで得点できた事が大きかった。

大谷投手はスピードの割に空振りをストレートで取れないんですよね。

それは球速が速いだけではダメだという事です。

北海道は初回にジョンソンを攻略できなかった事により

攻略の糸口を掴めずにズルズルと行ってしまった。

第2戦は広島がホームのアドバンテージを取ったまま展開するのか?

それとも北海道の逆襲はあるのか?

2戦目に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




広島東洋カープ全史 (B・Bムック)
ベースボールマガジン社
2016-10-11