27日プロ野球日本シリーズ2015

東京ヤクルト対福岡ソフトバンク戦が神宮球場で行われ、

8対4で東京ヤクルトが3番山田選手の3打席連続ホームランで福岡の王手を阻止して

対戦成績を1勝2敗とした。

試合は東京ヤクルト先発杉浦投手、福岡先発中田投手の投げ合いで始まり、

初回に東京ヤクルトが3番山田選手の2ランで2点を先制する。

しかし福岡も2回に1番福田選手のタイムリーなどで同点に追いついた。

しかし東京ヤクルトは3回に3番山田選手の2打席連続ホームランで

再びリードを奪ったが福岡は4回に7番今宮選手のホームラン、

5回に2番明石選手のホームランで逆転に成功する。

しかし東京ヤクルトはその裏2死1塁から3番山田選手の3打席連続ホームランとなる

逆転2ランで再びリードを奪った。

6回以降東京ヤクルトは自慢の中継ぎ陣が福岡打線を封じ、

8回に東京ヤクルトは4番畠山選手のホームランなどで3点を上げて試合を決めた。

最後は抑えのバーネットが抑えて東京ヤクルトが福岡の王手を阻止して1勝2敗とした。

これで東京ヤクルトはホームで自分たちの野球を取り戻し5分に戻すべく第4戦に挑む!
山田選手の日本シリーズ初となる1試合3打席連続ホームランで

東京ヤクルトが踏み止まった。

2打席連続もこの大舞台では凄い事だけれど、

3打席目のホームランは本当に圧巻!のホームランだった。

3打席連続では1970年に長嶋終身名誉監督が2試合またいで記録しているが、

1試合ではこれが初という事で本当に凄いし、山田選手のバットで勝った試合だった。

6回以降リードすれば東京ヤクルトには自慢の中継ぎ陣がいるので

5回までにリードを奪う事が東京ヤクルトの勝利の方程式になるという事だ。

4戦目は東京ヤクルトは館山投手が投げると思うけれど、

ここで踏ん張れば5分に戻るだけに東京ヤクルトには何としても踏ん張ってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。