2日スペシャルドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」ガンバレ人類!新春スペシャル!!を視聴した。

このドラマは2016年10月期に放送された「逃げるは恥だが役に立つ」の3~4年後を描いた作品で、契約結婚から始まった2人がついに子供ができた事で入籍して出産してその後が描かれるが2人には新型コロナウイルス感染症によるハグもできない日々が待ち受けていたストーリーである。

入籍し、お互いが夫婦となり、父母になっていく過程で起こった会えない日々は2人の絆を深めていくきっかけにもなった。
2016年の連ドラでは2人の契約結婚という形とハグ、そして恋ダンスがかなり反響が大きかった訳だけれど、あの頃は今のような世界は誰も想像できなかった訳だが、今やハグすらできない世の中となり改めて距離をどうとっていくのかも考えていく事になった。

そんな中で2人はみくりさんの妊娠、入籍、出産とそこまでは順調にいった訳だけれど、その後が本当に大変だった。その過程をレビューしたい。

キャスト




ストーリー



今回は契約結婚から3年の月日が過ぎてそれぞれ新たなる職場で仕事をしている2人は順調に関係を築いていた。その中でついにみくりさんが妊娠がわかり、晴れて2人は入籍するも、今の日本は夫婦別姓にはできないのでその事について議論していたところは政府もこの4年何もやっていないんだな・・・と感じてしまう次第だ。

そしてここから2人には更なる壁が立ちはだかるが、みくりさんの妊娠によりどうしても育休と産休が生じる訳ですが、今の日本の企業は産休になっても人を補充する事は全くありません。人を欠くという事はそれだけ他の人にしわ寄せが行くという事です。

それだけ多くの会社がガツガツで仕事をしていたのが2019年だった訳ですけれど、もしコロナ禍がなかったら今頃は東京五輪の余韻の中2021年を迎えていた訳で、全然違った状況になっていたでしょう。そしてそこから浮かび上がる日本の会社がいかに非効率で産休、育休が取りにくいのかを多くの人が頷きながら観ていたと思います。

無理もありませんが政治の世界は男社会です。そんな男に育児の事がわかる人っておそらくいないと言えるほど今の政治家は育児の事なんて全くの素人ばかりです。特に今の閣僚は特にね!

選挙でも育児をしている女性議員を落選させて不倫しても当選する女性議員がいる世の中ですからこれでどうやって育児休暇が取りやすい日本になるのか?それは国民がそういう世の中を望んでいないからに他なりません。

このドラマを観ているとみくりさんが政治家になって改革した方が改革できるんじゃないかと言えるほどですよね。

それを上手く2人は乗り越えていく訳ですけれど、その中でもやはり妊娠した事によりみくりさんも情緒不安定になるのは妊娠した人なら誰もが通る道であり、これをどうやって夫がケアするかも課題だなと感じるシーンが上手く描かれていました。

私もそういう経験はありませんが、改めて受け止めるだけの器量がないといけないと感じる次第です。

そして平匡さんとみくりさんは晴れて親になった訳ですが子供の名前は亜江(あこう)と名付けられました。なかなか見ない名前ですけれどね。

しかしここで1か月もしないうちに新型コロナウイルス感染症によって世の中は180度変わってしまう事になります。

当時はクルーズ船で新型コロナウイルスが発生して政府がどう対処すべきか苦慮していた中で海外から新型コロナウイルスが持ち込まれた事によりイベントは中止となり、Jリーグは延期、プロ野球開幕は延期、学校一斉休校という事態になり、3月にはついに東京五輪延期という不測の事態が起きた訳です。

この頃の2人はというと世間のニュースを全く見ておらず育児の事しか頭になかった。だから知った時にはマスクはない、消毒液はない、ハンドソープもないというあらゆるものが無くなるという事態になり、当然赤ちゃん用の用品すらなくなるという事態になりました。

平匡さんやみくりさんって情報強者だったけれど、育児の事で頭がいっぱいになっていた事により何も知らない状況からどうしたらよいのか?という事でかなりのパニックになってしまいます。

そこから2人が出した結論はみくりさんと亜江を疎開させるというものでした。まだこの頃は新型コロナウイルス感染症がどういうものなのかよくわからない状況だったのでもう少し決断が遅かったら疎開すらできない状況だった事は言うまでもありません。新型コロナウイルス感染症は高齢ほど重症化しやすいと判明したのが志村けんさんが亡くなった事によって大きく証明されたからですからね。

そしてそこから実家に行く事になったみくりだったが、そこで痛感するのは実家にはパソコンや通信環境が全くなかったという事だ。スマホも故障して思うように使えないという状況でみくりさんと平匡さんの距離は物理的に離れてしまった。

この頃って日本がIT後進国である事が世界に明らかになってしまった。仕事も会社でするのもという固定概念がずっと日本にはあった訳で、ここで緊急事態宣言によってリモートワークをする事になる訳ですが、リモートワークにはノートパソコンや通信環境が最低ないと何もできないという事を痛感される訳です。

そうなると非常に手間がかかる事をこのドラマでも描かれた訳ですが、ITスキルの高いみくりさんや平匡さんも1度世の中の情報から離れてしまうと色々と戸惑ってしまうのだと感じる次第です。

でも平匡さんにとってはリモートワークができるようになって逆にわざわざ会社に行かなくても仕事ができる訳ですから、平匡さんのITスキルなら問題なくやれる訳です。というより平匡さんができなければ世間のITスキルのない人は一切できないですね。平匡さんのIT資格はネットワークスペシャリストなど合格率10%前半でテクニカルスペシャリストのレベル 4ですからね。

そんな2人は緊急事態宣言解除後に再び一緒に暮らす事になるのでした。

しばらくハグもできない世界になってしまいましたが、2人がハグし合えるのは一体何時になるのかは私にもわかりません。それだけ先が読めない時代になってしまったという事ですがまたハグができる日が来る事を信じたいですね。

この続きがあるのかないのかはわかりませんがあったらまた2人のその後を観てみたいですね!





逃げるは恥だが役に立つ Blu-ray BOX
石田ゆり子
TCエンタテインメント
2017-03-29