12日ドラマ「マイファミリー」最終話を視聴した。

今回は未知留が誘拐された事により温人は犯人の要求を受けて東堂と交換条件として接触する事になった。犯人の要求と警察の追跡を受けた温人は犯人の行動を予測してその場に辿り着くとそこにはもう探さないでというメモが残されていた。

犯人からのメッセージには衝撃的な言葉が流されたが、それがフェイクだと知り温人は犯人がいる場所へと辿り着いていた。

そして現れた犯人は吉乃捜査一課長だと判明し、吉乃は東堂の妻と不倫しているところを心春にみられた事により心春から狂言誘拐を持ちかけられたが、心春は階段から落ちた事により誘拐として相手にした方が好都合になると切り替えた事による犯行となり、その後東堂が友果と優月の誘拐を起こした後に実咲を誘拐したが、それが思わぬ方向へと進み実咲が持つ証拠のタブレットを回収する為の誘拐だった事が判明した。

その後温人の無実が証明され、未知留に待望の第2子が誕生し、三輪は元妻と復縁し、東堂は誘拐の罪で逮捕されたが、その後行方不明だった元妻の亜希が現れて自らの不倫で心春を失った事を知り共に償えない罪に苛まれたシーンがメインだった。
ストーリー



今回は温人は未知留が誘拐された事により犯人が実咲のタブレットを確保した事により未知留と東堂の交換を要求してきた。

そうしなければ未知留が危ないと察した温人はこの事を葛城刑事にだけ告げて共に犯人を捕まえる事で協力する。

そんな中で未知留の家に入った葛城はそこで友果と鉢合わせて友果に犯人は警察の内部にいる事を告げていた。この時点でここまで警察の情報を知っている人物でなければ動けない事は間違いなかっただけに既に犯人は警察の内部にいるという事を察した。

しかしその為には犯人をあぶり出す必要があった訳で裏で色々な工作を繰り広げられた。

そして警察内部であえて温人たちを追うフリをして犯人を油断させる必要があったという事だ。

犯人の要求通りに動けば必ず犯人に辿り着くという事で葛城刑事は再度履歴を調べさせていた訳でそしてついに犯人が明らかになった。

その犯人とは吉乃捜査一課長だった。私の予想はITに精通した人物という事で立脇香菜子を怪しんでいた訳だが見事に外れてしまった訳で惜しいケースも過去にはあったけれど完全に大きく外してしまった。

確かに警察なら音声を変えるソフトを持っていても不思議はないし、何より警察の情報を全て知り尽くしているからそこにない情報で動けばよいという訳だ。だから警察の行動全てが空振りになる訳で、そういう警察事情を知らなければ動ける訳がない。

ただここで警察内部の犯行という警察としては大きな不祥事であり、これは国民に対して大きな失墜になる事件となった事は想像に難くない。

ただ問題はどうしてこの事件が起きたのか?というのが最大のポイントだったが、吉乃が東堂亜希と不倫していたところを心春にスマホカメラで撮られた事により、その情報は実咲と共有していた事を後に知る事になった。故に実咲だけは誘拐しなければ必ず足が付くという事で動いたというのがこの事件の真相と結末だ。

東堂にとっては事件解決のために自ら犯罪を犯してまで心春を探し続けたけれど、結局のところ心春は既に亡くなっていた。だからあの時に誘拐事件を起こして行方不明にしてしまえばその後捜査は続けられない事を吉乃はわかっていたという事だ。

それにこの話を持ち掛けてきたのが心春だった事でこのシナリオが心春によってつくられたものである事も判明し改めて心春は家族の絆を取り戻したかったという事だ。

この事件によって東堂は誘拐容疑で起訴され、温人は無実が証明された事により社長解任は回避された。そして未知留との関係は友果の誘拐事件によって大きく改善されて、三輪も元妻との復縁する事になりそうなど改めて家族の絆が試された事件だった。

総評として誘拐事件に巻き込まれた事によって仮面夫婦だった温人と未知留、そして離婚した三輪は関係修復、そして復縁など家族の絆の大切さを知る機会になった。

そしてこの事件は東堂の妻東堂亜希が吉乃捜査一課長との不倫が引き金だった事が本当に辛い現実だ。そしてそれを心春が見てしまった事により事件は心春が描いたシナリオ通りに進行するという心春は最後まで家族でいたかった故に絆を取り戻したかった事は理解した。

しかしそれが心春にとって悲劇となり、悲劇の連鎖は東堂を誘拐の罪で逮捕され、東堂亜希は不倫の代償を心春を失うという事件のキッカケを作ってしまった罪を背負い続けなければならないという結末に至った。

やはり不倫は色々な事を壊してしまうという事を改めて痛感する事になった。

次のクールも視聴し続けます。次はオールドルーキーという代表にも選ばれた経験あるプロサッカー選手が引退後にセカンドキャリアを目指していく事になるストーリーです。私は以前アルビの元社長とよく話をしたりしていた経験やクラブの内部について色々な事を観て聴いてきた経験などを踏まえながらプロサッカー選手のセカンドキャリアについて書ければと思います。

セカンドキャリアの難しさもありながら現役の内にできる事を身に付ける重要性も考えていきたいところです。

選挙の関係で2週間後の6月26日スタートとなりますので2週視聴して1周お休みになりますがまずは2週確りと見たいと思います。