2021年12月31日に放送された第72回NHK紅白歌合戦を視聴した。

今年は新型コロナウイルス感染症の中で2年ぶりに有観客で開催され、様々なアーティストが出演した者の大きなサプライズこそなかったが最後まで安定した展開で最後はMISIAが締め括った。

裏に強力な番組もなく多様化した状況の中で30%を超える事は容易でない事も突き付けられた紅白となった。

松田聖子さんが神田沙也加さんの死去により辞退するなど波乱含みであり、大物と言われるアーティストが尽く出演しなかったなど確かに色々と目玉がなかった紅白だったといえばそれまでだが、その中でも出演してくれたアーティストは十分に実績あるアーティストであり、これまで出演してくれなかったアーティストも出演するなど全く見どころがなかった訳ではない。

ただ振り返ると東京五輪が開催されながらゲストは石川佳純さんだけという事を踏まえると人数を限らなければならない事を差し引いてもかなり出演者も限られてしまった印象だ。

何処に見どころがあったかと言えば確かにこの1年エンタメという点で言えばエヴァが公開されたけれど1年を振り返ると本来公開されるはずだった作品も公開延期になったり、劇場が2か月以上休館するなど音楽シーンに欠かせない劇場公開が限られてしまった印象は否めず、ドラマを振り返っても印象に残る作品と曲はそれほど多くなかった。

多くはYouTubeなどSNS発のヒット曲が増えてきた事もあるのだが、大衆性というよりも限られた範囲の世代にとっては大流行しているという感覚だ。そこに踏み込めない人はほとんど知らないという状況なので紅白で初めて知ったという人も多い訳ではある。

ただそういう総合的な場所だからこそ紅白の役割はあるのではないかと思うし、やっぱり最後はこれまで受け継がれてきた曲を誰かが受け継ぎ、そして世代を超えた人たちの集まりという点でも紅白の歴史を感じさせるわけでもある。

但し対戦形式というやり方が多様性の中で果たしてマッチしているのか?と問われると少し考え直す時に来ているとは感じるが、多様性を考慮すれば72回の歴史で唯一男女比率が5分の番組も実際になかなかない。

男女比率5分という番組を多様性にどう活かしていくのかも今後は重要なのだとは感じている。その年の1年を振り返る時に紅白はこの1年を映し出す番組なのは確かだがこの時代でも3分の1以上の人たちが観る番組であり続ける事は凄い事であり今後は場所を問わずに開催する事も模索していく事と男女比率5割の出演する番組という特性上を活かして競わない方式をそろそろ考える時なのかもしれない。

そうなれば当然演歌枠、レギュラー枠、ニューシンガー枠という枠組みが必要ではないかと思う。

視聴率云々と考えてしまうと難しいところだが、演歌枠も必要であり、番組を維持する為にもレギュラー枠も必要であり、初出場枠と言えるニューシンガー枠とこのバランスをどうやりくりするかも必要だとは感じている。

出場3回以上連続になればもはやレギュラー枠といえる。10回以上連続出場する福山雅治さんなんてもうレギュラーですよね!

そう考えると番組構成維持を考慮しても2-6-2法則でバランス構成しても良いと思う。出演する人の中には紅白の為に歌いたいという人もいる訳ですからね。

むしろ競う歌合戦よりも紅白こそ言葉に残して変えた方がとも感じた紅白でした。

2022年も新たなるアーティストが出演する事になると思いますのでその中でその年の振り返る曲を知る場になればと思います。