4月12日発売のNGT48のメジャーデビュー曲「青春時計」を購入した。

この曲は2015年8月に結成した新潟を拠点に活動する

AKBグループのNGT48のメジャーデビューシングルである。

2015年1月に新潟にNGT48が発足する事が発表されてから

2015年8月に結成されたグループは

これまで新潟を拠点に地元重視の活動で力を付けてきた。

そして2016年6月に行われたAKB総選挙で

メジャーデビューが決まり本日メジャーシーンに躍り出た。

これでNGT48は全国に羽ばたくスタートとなり26人でのスタートとなった。
結成から1年8か月を経ていよいよメジャーデビューとなった訳だけれど、

私自身アイドルは好きな方なのでこれまで色々な曲を聴いているし、

このブログでは開始した当初は数多くの音楽レビューを書いていたものだ。

1曲をレビューするのは実に4年ぶりとなるんだけれど、

元々AKBグループについてはNGT48が結成されるまでは

それほどのめり込んでいた訳じゃなく、

あくまで多くのアーティストの中の1つとしていい曲は

これまでmoraでダウンロード購入していた。

ただCDシングル市場からは2007年を持って撤退していたので

CDシングルとして購入するのは実に9年ぶりだったりする。

ただ私自身は握手券としてではなくあくまで曲として

そしてMVとして購入しております。

私自身アイドルの握手会というものは苦手なので

(アルビの選手とは握手した経験はあります)

まあ遠くから見ているだけで十分です。

私自身AKBグループの握手券商法をこれまで批判的だったんですけれど、

その理由は言うまでもなく音楽として購入されていない事であるんですよね。

もう今はCDは握手券という意識になってしまいましたが

そんな批判した人がどうしてサポートしようという気持ちになったのか?

という所から話すとまず決定的な理由として彼女たちが

新潟を拠点にしなかったらまずサポートする事はなかった。

これは1番の理由であり、

他の地域だったらそこまで色々知ろうとしなかったと思います。

そして次の理由はある3人の言葉です。

新潟には全国最強のご当地アイドルNegiccoが活躍している地域です。

NGT48が発足するとはっぴょうされた当時

ようやく苦節10年以上掛かってブレイクした彼女たちが

NGT48で潰されるのではないかと危惧した事で当初は拒否反応を示したものです。

そんな気持ちを変えたのは彼女たちの言葉でした。

共に新潟を盛り上げらる存在に成れればよいという言葉だった。

確かにNegiccoは3人以外は考えられないグループなので

彼女たちの後進を考えた時にNGT48があれば

そこから全国を目指せる場所があるという事になる訳です。

その彼女たちの姿勢が共に新潟を盛り上げていく存在として

サポートする事を決めた瞬間でもありました。

それから何回か彼女たちのイベントに足を運んでメディアシップでの会見、

そして劇場発足前の今村支配人のAKB48劇場から

自転車と徒歩による横断ゴールという場面にも立ち会いました。

劇場公演には行った事はありませんが(私自身ライブ会場は苦手なんです)

スタジアムなどのイベントには遭遇したりもしています。

そんな中でもこのグループの結束力は他のAKBグループよりも強い

という話をよく聞かせて頂いているんだけれど、

ここまでデビューまで誰1人離脱する事がなかった

AKBグループはこれが初めてという事で

メジャーデビュー直前でみーずん先生こと水澤彩佳さんが

保育士になるために卒業してしまったものの、

それでもデビューシングルには26人で参加した

最初で最後のデビューシングルになっただけに

あくまで26人でのスタートに変わりはない。

NGT48がここまで結束力あるグループになったのかといえば、

何と言ってもキャプテンの北原里英さんの存在無くしては

語れないと思うんですよね。

AKBグループを見ているとSKE、NMBは

エース中心のグループになってしまっている。

HKTは指原梨乃が強烈なカリスマと才覚でメンバーの発掘をしたものの

主力メンバーとの差が激しいと言われる。

でもNGT48は他のグループと違いグループの差が大きくなく、

それぞれが個性的で役割を担っている印象が強い。

これも北原里英が長年脇役と言えるポジションで

脇役でも主役になれるチャンスがあるという事を身を持って経験しているからこそ

研究生となった10人も挫ける事なくここまでやってくる事が

できた功労者だという事だ。

そして兼任の柏木由紀も調和の取れた人であり

これまで常に上位に入りながらも1度も単独センターを経験していないからこそ

違った立ち位置でメンバーと接する事ができる人なのだと感じています。

今村支配人が北原里英と柏木由紀を優秀な教官と話していましたが

2人がこれまで経験した事を選ばれた24人のメンバーに伝えられているからこそ

ここまで来る事ができたと思います。

私自身北原里英さんってAKBグループの主力メンバー

という位しか知らなかったんですけれど、

色々調べるうちに興味を持つようになったし、

柏木由紀さんもAKBとして観ていた時よりも親近感を持てるようになった。

北原里英さんは昨年の映画の舞台挨拶で拝見しましたけれど

色々な映画の話を聞けたりしたので印象に残っていたりしますね。

新潟ってずば抜けたエースがいないのは

サッカーのアルビでも同じだったりするんだけれど、

メンバーの結束力はあるので纏まりがあるのが新潟らしさでもある。

選ばれた24人を見ていると本当にそれぞれが個性的なメンバーであり、

それぞれの役割がわかりやすいと感じている。

まだまだ磨けば輝く原石たちなので今後の成長に期待したい。

新潟にNGT48がなかったら普通の学生生活を送っていた人たちが

新潟にできたからアイドルになった人が少なくない。

新潟を盛り上げたいという気持ちは新潟県民にも十分伝わっている。

さて前置きがあまりにも長すぎましたがレビューに入りたいと思います。

NGT4820170412(1)


青春時計

メジャーデビュー曲として実にここ新潟から青春の時計が動き出す

というイメージで歌い上げている。

MVでは老若男女で幅広い世代の人たちが参加して

それぞれの世代の青春を表現しているんだけれど、

青春は若い時のものだけではないし、

新潟って他の地域と違いおじいちゃんおばあちゃん世代も

彼女たちのライブを観たりしているんですよね。

これもNegiccoが長年古町やイベントなどで登場して

幅広い世代に親しまれた事もあると思いますし、

かつてメロン記念日のリーダーで活躍し

現在はFM新潟のパーソナリティをしている斎藤瞳さんが

自分のアイドル時代は首都圏では若い世代しかいなかった

という話をされていたのでそれだけ新潟は

おじいちゃん、おばあちゃん世代や両親世代が自分の娘や孫を観るように

応援しているのだという事です。

野球やサッカーもそうだけれど幅広い世代がいるんですよね。

でもそれが平均年齢をアップさせているんですが

まあそれだけ受け入れているという事なんですね。

空き缶パンク

柏木由紀、北原里英に加藤美南、高倉萌香、中井りかのエース級による

5人が歌うこの曲は6曲中1番挑戦的な1曲になっています。

6曲もあると1曲ぐらいは激しい曲があっても良いと思いますし、

エース級5人だからこそ活かされると思います。

出陣

荻野由佳、佐藤杏樹、高倉萌香、太野彩香、西潟茉莉奈、

村雲颯香、山口真帆、奈良未遥、西村菜那子

によるこの曲は荻野副キャプテンを中心にした曲なんですけれど

タイトル通りいざ出陣するぞという意気込みを感じさせる

1曲で全国へ打って出るぞという意気込みを感じさせる内容になっています。

純情よろしく

小熊倫実、菅原りこ、長谷川玲奈、本間日陽、山田野絵、日下部愛菜、清司麗菜

によるこの曲は10代らしさを表現したキュートな1曲になっています。

6曲を聴いた中でなかなかいい1曲だなという直感を感じさせてくれた1曲ですね。

10代だからこそ表現できるこの歌詞には

気持ちをストレートに伝えたいと感じさせる曲ですね。

暗闇求む

26人で歌う最後の1曲です。

タイトルは少し暗いのですが聴いてみると必ずしもそんな暗闇な曲ではなく、

暗闇の中から希望を見つけようとするものの

1つの終わりになった事を歌い上げている1曲です。

全員が参加した最後の曲としては相応しい曲なのかもしれません。

下の名で呼べたのは・・・

研究生10人による曲です。

最初で最後の1期生研究生によるラストソングになる訳ですけれど、

苦しい時も辛かった時もこの10人だったから乗り越えられた

という意味でそれぞれが下の名で呼び合えた

10人の心境を歌い上げた1曲という感じですね。

つたない音楽レビューとなってしまいましたが、

6曲どれも個性ある曲なのでそれぞれの曲が愛される1曲になってほしいですね。

このデビュー曲で次のステージにNGT48は進んでいく。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

青春時計(TypeA)(DVD付)
NGT48
アリオラジャパン
2017-04-12



青春時計(TypeB)(DVD付)
NGT48
アリオラジャパン
2017-04-12



青春時計(TypeC)(DVD付)
NGT48
アリオラジャパン
2017-04-12



青春時計
NGT48
アリオラジャパン
2017-04-12