19日ドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」第2話を視聴した。

今回は雛子は社長になって最初のリニューアルオープンの時を迎えていた。色々紆余曲折しながらもオープンまでこぎつけたがそこにはライバル店も同じ日にオープンしており準備ミスもありオープンから客はまばらだった。

そんな中で雛子は落ち込んでいられないとあれこれ奮闘するもなかなかお客が来ない。そんな中で雛子は公園である母子と一緒にいる人を誘ってみる事にした事で雛子は突破口が見えた雛子はファミリーデーを企画して子供がいても入りやすいお店にする事で次第に口コミが広がって盛り返したシーンがメインだった。
ストーリー




今回は雛子は社長に就任してから最初のお店をオープンする準備を進めていた。色々な紆余曲折を経ながらも雛子は最初のお店をオープンまでこぎつけたが、このお店はこの周辺では激戦区という事で同じオープンしたお店に完全にお客を食われる格好になった。

ジャンルが重ならなくても似たような価格帯のお店はどうしても競合となってしまう。しかも相手は資金力に勝るとなれば尚更だ。雛子はお店周辺の情報をなかなか得ていなかった事もスタートで躓いた。

そこから巻き返しを図ろうとチラシに地図を付けていなかった事に気づき、色々手直しして再びチラシを配り出したが、なかなかお客は増えない。そんな途方に暮れていた雛子は子供と遊んでいる母親にお店に誘ってみる。

そこで知ったのは行きたいけれど子供がいるとなかなかいけないという事と、子供にも意外と評判が良かった事だ。ここから突破口を見出した雛子はファミリーデーを計画して親子でも来やすいお店をアピールする事で次第に口コミを広げる事に繋がった。

何事も口コミがこういうお店では重要な事なので突破口を雛子はこれからも探していく事になる。

次回は仕事が多忙になりながらも恋も諦めないでいこうとする雛子は果たして両立する事ができるのだろうか?その展開に注目だ。