1月12日スタートのドラマ「ムチャブリ! わたしが社長になるなんて」を視聴した。

このドラマは社長秘書の30歳の女性が突然社長から子会社の社長に任命されて色々な無理難題に奮闘する姿が描かれるストーリーである。

誰もがなれる訳ではない社長というポジションは決断力が必要だという事を嫌というほど痛感するシーンが出てくる事だろう。
社長になる事は誰もがなれる事ではないのでなれるだけでもかなり限られた人しかなれない。起業すれば社長になりますが、子会社だと社長を任されるだけの実績や役割を担ってきたというケースが多くなりますが、現実問題として中小企業の場合は親会社社長や会長が全ての権限を握っており、このドラマでもオーナー社長が子会社の社長に指名しています。

どうして社長秘書だった女性を社長にしたのか?というのはこれから描かれていくとは思いますが、少なくても飾りの社長ではないという事は確かだと思います。

果たして社長に指名された女性はどう奮闘していくのか?

キャスト




ストーリー



今回はスタートアップ企業、「リレーション・ゲート」の社長秘書をしている高梨雛子は社長秘書としてオーナー社長である浅海寛人に振り回される毎日を送っていた。

色々と直感で成長してきた企業ほどオーナー社長の才覚1つで決まるだけにそれはそれで大変であり、特に社長秘書の雛子にとっては雑用係的な役割で様々な事をこなしてきた。

そんなある日雛子がかつて作った企画書がオーナ社長の浅海の目に留まり、この企画を直感で行けると思った浅海の指名で雛子が子会社社長に就任する事になった。

何も言われていなかった雛子にとっては社員も含めて寝耳に水というのは言うまでもないが、何の準備もできていない中で社長をやる事になり戸惑うばかりだった。

スタートアップ企業という事で事業の立ち上げをやる会社であるが、立ち上げてから継続できるかどうかはまた別の話ではあるものの、その中で総務担当の宮内剛、経理担当の深山和湖、営業担当の田辺和真、そして企画・マーケティング担当大牙涼の5人でやる事になった。

子会社なので人員はこれ位になる訳だけれど問題は突然社長になった事で周りがついてくるかという事だった。

社長ってとにかく人望が無ければ務まりません。いくら天才的な能力があっても人望がないと社長って務まらないポジションなのですよね。雛子には現時点でどれだけ能力があるのか?という事はあまり描かれていませんがずば抜けて能力があるという社員でもない感じですが、唯一のアドバンテージがあったとすればオーナー社長である浅海が6年間も身近で見ていたという事だ。

知らない人を社長にするより勝手知る人を社長にした方が手の内がわかるというケースもあるけれど、本来社長になるはずがなかった人が突然社長になるというのはね。私も実際に社長になった人を何人もあっているけれど、突然社長になると言われた時には何だって!という事になったほどです。

この決定に面白くないのは企画・マーケティング担当大牙涼で元々自信のあった企画が雛子の企画になった事で納得すらできない状況だった。でも実際にストーリーを見ていましたけれど、どうして涼が選ばれなかったのかがある程度感じましたが、彼の場合企画力はありますが人望という点ではやはりどうなのかな?と感じますし、人材を考慮してやらなければ会社は回らないので会社を回す為には従業員をどう活かすかも重要な役割という事です。

その最初のところで雛子は反発するシェフの解雇をオーナー社長の浅海と書く従業員たちに進言されます。しかしここで雛子はシェフをクビにせず変わらなければと言うものの、自分が変われない事に苦悩していました。

しかしそれを聞いたシェフが雛子の言葉を聞いて変わらなければと一念発起して雛子と共にメニューを話し合いながら作っていく事で雛子とシェフの信頼関係が構築されました。

そしてシェフと共に考えたメニューを浅海に食べてもらって雛子はシェフを必要な人だと訴えた事でシェフは解雇されずに継続雇用されました。

実は浅海は雛子のこういうこれまで小回りの利く対応にあとは決断力があればかなりやれると直感で感じたのだと思いますし、何より社長として社員との信頼が1番重要だという事を浅海が1番よく知っていたからこそそれができるのが雛子だという事なのだと感じます。

次回はリニューアルオープンしたお店だったが閑古鳥が鳴いてしまう。果たして雛子はこのピンチをどう乗り切るだろうか?その奮闘に注目だ。