2021年もいよいよ3日あまりとなってしまいました。

今年も年間総括の時を迎えました。今年で16回目となる年間総括という事でこれだけ長い間続けられた事は本当に継続は力なりという事でもあります。

今年も新型コロナウイルス感染症により1年通して思うように映画鑑賞をする事ができませんでした。

劇場鑑賞23作品鑑賞と2019年まで13年連続40本以上鑑賞してきましたが、映画を本格的に観始めてからは昨年に続く過去最低の鑑賞数となりました。

例年ならベスト10を制作するところですが今年もベスト5に絞って行います。

それでは映画レビュー年間総括から始めたいと思います。

それでは今年度の私が選ぶベスト映画、ワースト映画並びにベスト主演俳優&女優、助演俳優&女優、新人、音楽を選びたいと思います。

今年度は評価点は付けずに行います。

2021年主演男女、助演男女、ニューフェイス、音楽

主演男優

佐藤健

10年間最後まで緋村剣心を演じ切った事がとても印象的でこの1年俳優としても代表作を残した1年になりました。

るろうに剣心 最終章 The Final るろうに剣心 最終章 The Beginning 護られなかった者たちへ

主演女優

永野芽郁

主演映画に2本出演し特にそしてバトンは渡されたの演技派印象的でした。助演でもキネマの神様で山田洋二監督作品に出演しこの1年で映画女優としての印象を大きく確立した1年になりました。

地獄の花園 キネマの神様 そして、バトンは渡された

助演男優

田中圭

この1年だけで6本の映画に出演し主演も3作品あったのですがその中でもそしてバトンは渡されたの森宮さんがとても印象に残っていたので助演俳優として選びました。

哀愁しんでれら 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜 総理の夫 そして、バトンは渡された あなたの番です 劇場版

助演女優

有村架純

花束みたいな恋をした、るろうに剣心とどちらも異なったヒロインを演じ切りどちらも最後は別れだったり、亡くなったりというハッピーエンドではない役でしたがそれだからこそ有村架純さんの良さを存分に発揮し、印象に残る彼女の代表作になりました。

花束みたいな恋をした るろうに剣心 最終章 The Final るろうに剣心 最終章 The Beginning 太陽の子

ニューフェイス

中村佳穂

本業は歌手なのですが音楽アニメ作品竜とそばかすの姫で歌唱力を必要とした作品で突如主演に大抜擢されスクリーンですずの声を見事に演じ切った事が印象に残り続けているほどこの1年最もサプライズな1年を送った人だと思います。

竜とそばかすの姫

音楽



やはりこの1年を振り返ると竜とそばかすの姫の音楽がとても印象的ですし、何より音楽なしには成り立たなかったストーリーでもありました。

ワースト作品

なし

作品ベスト5

5位



1年を振り返ると竜とそばかすの姫を5本の指に入れるほど2021年を代表する1作品だった事は間違いなく、例えSNSやアバターの世界でも世界の誰かと繋がれる事を確り描いてくれた作品でした。


4位



出会いから別れまでの5年間を描いた純粋なラブストーリーも最近では珍しくどんな人でも出会いと別れがありそして次の人生へ歩んでいくのだと感じる作品でした。


3位



10年間のシリーズもこれがラストという事でこの10年間続いた緋村剣心の最後と最初を同時に見届ける事ができた事がシリーズを見続けてきた者としても感無量でした。


2位



4回も苗字が変わってもそれぞれの親に愛された女性は新たなる人生で家族になっても愛された事を引き継いでいくのだと感じた作品でした。

1位



やはり14年に渡る長き旅の終わりというか本当の結末を観る為に観続けた通算28年の月日は本当に長かった。初期のエヴァで消化不良だった世代、そして初期のエヴァを知らない若き世代で見方は大きく変わる作品でもありますし、それぞれの境遇で大きく評価が分かれる作品ですが、やっぱり最後まで生きてこの作品を見届けられた事が私にとってはこの1年最もベストな作品として選出した理由の1つでした。

以上2021映画ベスト5でした。

2022年も公開が延期になった作品が公開される事になりますし、なかなか撮影が進まず上映作品も多くありませんがその中でもより素晴らしいと思う作品と出会えたら良いと思います。