4月19日公開の映画「陰陽師0」を鑑賞した。

この映画は平安時代に活躍した実在人物安倍晴明の若き日を描いた作品で、若き日の安倍晴明が陰陽師となっていく姿が描かれている。陰陽師として安倍晴明の凄さは若き日からその才能を発揮していたエピソードとなっている。


今は光る君へが大河ドラマで放送されているけれど、この平安時代に活躍した実在人物として陰陽師という呪術を用いて当時の時の権力者の色々な事を占う存在でもあった訳だが、それほど毎回描かれる作品でもない為に実際の所当時は色々と祈祷など呪術が信じられていた時代だ。

実際にそんな能力が当時の人にあったのかは闇の中だがそんな若き日の安倍晴明が描かれる事になる。果たして安倍晴明はどうして陰陽師になっていくのだろうか?

キャスト&ストーリー



結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして安倍晴明は若き日に陰陽寮という陰陽師になる為の今でいう学校に入っていた。この時代陰陽師のトップになるという事は天皇が伺う事に応えるほど絶大な力を誇っていた。

陰陽師というほどなので人知を超えた呪術を扱えなければ務まらない訳だけれど、その才覚は若き日の安倍晴明には群を抜いてあったようだ。

そんな安倍晴明は若き日は陰陽師には何の興味も示さないほど興味がなかった。そんな安倍晴明を変える事件が起きるのだが源博雅が徽子女王に何かの呪詛を掛けられた事から安倍晴明は徽子女王を救う為に奮闘していく。

この時代は不吉な事があるとそれが呪詛されたと思い込んでしまうものだが、簡単にかみ砕くと呪いを祈祷する心理的なものと解釈した方がよいのだが、この時代はそれが想像以上の闇を感じさせるものだった。

当時は天気も様々な事から感じ取っていた時代なのだから突然雷が落ちたり、突風が吹いたりすると何かの禍と思い込んでいた時代でもあるし、それは禍でも何でもないという平常心でいられる人物が陰陽師が務まったとした方が良いのかもしれない。

果たして安倍晴明は徽子女王を救う事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、この時代は心理戦と言うべき時代背景でもあるし、その心理戦によって幻覚を見てしまうからこそ呪詛が信じられて、それによって人は心を支配されてしまっていたともいえる。それを見破るだけの能力を安倍晴明は備えていた訳で呪術を既に取得していた安倍晴明ははこれから政治の表舞台で活躍していく事になる。

総評として安倍晴明の若き日を描かれる事は多くないだけに新鮮味があった。多くはある程度年齢をいった中での安倍晴明の姿が描かれているけれど、誰にも若き日の姿があるものだ。陰陽師になる前の安倍晴明の姿は新鮮味がある姿だった。





mixiチェック