5月21日公開の映画「いのちの停車場」を観賞した。

この映画は終末医療を接する事になった元救急医療の医師が終末医療を通じてそれぞれの最期と向き合っていくストーリーである。

誰もが迎える最期の時にどう迎えるのかを考えさせられる事になる。




誰もが最期の時を迎える。その時にどう迎えるかは人それぞれになるが、最期は自宅で死にたいという人も少なくないと思うし、誰かに看取られて死にたいと思う人もいる。でも最後には1人で死んでいくという事に変わりないが、誰かが最期は看取る事になるという事だ。

そんな終末医療と向き合う医師と看護師らは患者とどう向き合っていくのだろうか?

ストーリー



結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして救命医療を長年行っていた白石咲和子は病院との対立した為に救命救急センターを退職して石川の終末医療を専門にする「まほろば診療所」でと再スタートする事になった。

これまでの救命医療と違い終末医療は患者が入院を望まずに最後は自宅で迎えるために手助けする医療だ。

医者は命を助けるものだというイメージはあるけれど、人間寿命があり、老衰する頃には命を救うというよりもどうやって最期を迎えるかにかかってくる。

これまでと違い命の向き合い方が変わる事に白石咲和子は自分の父親と向き合う事に繋がっていく。

そこの院長の仙川徹は周りから慕われており、訪問看護師の星野麻世は亡くなった姉の子供を育てながら患者と向き合っていた。

そこに救命救急センター時代に辞めるキッカケとなった医大卒業生の野呂聖二も加わってそれぞれの患者と向き合っていく事になる。

それぞれの患者と向き合う中で当然それぞれが望む最期は違う訳で最期の迎え方をどうするかはその人の意思を組む事が重要だ。

その中で白石咲和子は自らの父との最期を向き合わなければならなかった。白石咲和子の父は既に末期の癌で余命もないものの、耐え難い痛みに苦しみ続けていた。死ぬまで至らないが死ぬほどの痛みを抱える患者にとってはこの痛みを1日でも早く終わってほしいと思うのは人間として当然の間隔だ。

その中で白石咲和子は父親の安楽死を考え始めていた。ご存知のように日本では安楽死は認められておらず、安楽死を行えば罪に問われる。

父親と向き合いながらも白石咲和子は数多くの患者と向き合い父親に対する答えを探そうとしていた。

果たして白石咲和子は最後に下す決断はいかに?

結末は劇場で観てほしいけれど、誰もが最期を迎える時にこれ以上生きる事を望まない事がどうしてもある。その時に苦痛に耐える日々が続いた時に終わらせてほしいと言う人は必ずいると思う。人が人らしく生きる為にはその人の最期とどう向き合うかにもよる。

国によっては安楽死が認められており、最期の時を迎える時には同意を得て最期の時を迎えるという流れらしいのだが、その為の条件も当然厳しい訳ではあるが、余命僅かの中で人はどう生きるのかを改めて考えさせられる作品だった。

総評として人は何時の日か寿命を全うする時が来る。その時にどういう迎え方をするのかは人それぞれだ。その迎える時にどう迎えられるのか考える時は必要なのだと感じるのだった。





いのちの停車場 (幻冬舎文庫)
南杏子
幻冬舎
2021-04-08



映画『いのちの停車場』オリジナル・サウンドトラック
安川午朗、村治佳織
Universal Music
2021-05-19