3月19日公開の映画「劇場版 奥様は、取り扱い注意」を観賞した。

この作品は2017年10月期に放送された「奥様は、取り扱い注意」の続編で、元工作員の久実が記憶喪失となってある町にやってきたが、そこである事件に巻き込まれていくストーリーである。

果たして久実は記憶を取り戻す事ができるのだろうか?




ドラマから3年の月日を経て再び久実と裕司が帰ってきた訳だけれど、ドラマ最終回のあの後一体どうなったのかが気になっていた訳だが、その真相も明らかになるが、冒頭ではどういう訳か記憶を失った事になっている久実は別名に変わってある町で暮らす事になるのだが、その街でも久実が記憶を取り戻さないために診察を続けていく。

そんな町に来たのはある組織の繋がりを探る為でもあったが、果たして久実は記憶を取り戻すのだろうか?

ストーリー




結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして菜美はある事件により記憶を失い、久実として勇輝は裕司と名前を変えてある港町へ住んでいた。

この街である取引をされているという事で裕司が探りを入れていたのだが、その間に久実は治療の名目で一緒に暮していた。

その間に久実には町長選に絡む人たちやその町に暮す青年と出会いそれによって久実は次第に記憶を取り戻していくのだが、この事件には久実がかつて関わった組織のボスも絡んできている事を裕司は知っていく。

そんな潜入捜査から次第に久実の仕業ではないか?と思われる状況証拠が出てきて裕司は久実が記憶を取り戻したのではと疑い始める。そして久実の身近に危機が迫った時に裕司は不正の証拠を掴もうとしていたが絶体絶命のピンチに陥る。

そこに久実が現れてそこから夫婦喧嘩のアディショナルタイムが始まったのだった。果たしてこの夫婦喧嘩の結末はいかに?

結末は劇場で観てほしいけれど、連ドラのその後2人はどうなったのかを知りたかっただけにその後菜美が記憶を失っていた事が明らかになり、その後名前を変えて潜入捜査で暮らしていたというのはそれだけ勇輝は菜美を愛していた事が描かれていく。

最終的には2人は袂を分かつ訳だけれど、その別れ方も愛する故に確り生き続けていくために最大の手段を使っている辺りが2人の信頼があったからこそなのだと感じたのだった。

総評として2人の夫婦喧嘩はそれだけ愛したからこそできる夫婦喧嘩だったが、それだけ2人の域がピッタリだったからこそ組織に追い込まれた絶体絶命でも共闘できた。

それぞれの立場から一緒になる事は最終的には叶わなかったが何時か生きていれば再会する日が来ると信じたいところである。





奥様は、取り扱い注意 Blu-ray-BOX
西島秀俊
バップ
2018-04-18